合気道と空手の違いとは??子供の習い事はどちらが良い??

日本を代表する武道には柔道や剣道、空手道、弓道などがあります。

柔道であれば、互いに組み合い、投げをうつ武道だとすぐに思い浮かびますし、

剣道であれば、竹刀と防具を用いて、面や胴、小手を打ったりする武道だと思い浮かびます。

空手であれば、突きや蹴りを互いに打ち合ったり、型を演武したりする武道だと思い浮かびますよね。

ところで「合気道」と「空手」の違いって何??と思う事はありませんか??

今回は現役合気道家(弐段)が「合気道」と「空手」の違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

合気道とは


合気道とは日本本土で発祥し、日本の剣術や柔術などの武術を学んだ「植芝盛平」という人物が20世紀の初頭に創設した武道です。袴も穿けることでも有名ですよね。

その後、戦前、戦後と通して、日本へ拡まり、世界的な武道となりました。

主な流派は「合気会」、「養神館」ですが、流派はその他にも多くあります。

技術的には、当身技(突きや手刀)、投げ技、固め技、武気取り、などに分けられますが、

基本的には腕の肘や手首、肩に対する関節技、又は投げ技がメインの技術体系です。

人間の関節には可動域に骨格的な限界がある事、体重移動により技を施す要素からよく非力な人でも使える護身術と知られています。

また警視庁では女子の武道カリキュラムに取り入れられています。

稽古方法としては多くの流派では試合そのものが合気道の理念上なく、形の反復練習を繰り返し、技を練っていきます。

また、試合による大会はありませんが、演武大会という大会で互いの技を披露し合うイベントが開催されます。

空手とは


空手とは元は日本本土ではなく、本来は沖縄発祥の武術「唐手」がルーツであり、日本本土発祥の武道ではありません。「唐手」が日本本土に伝わる過程で「空手」となりました。

「唐手」とは本来、投げ技、関節技、打撃技(突きや蹴り)、武器術などがありましたが、

戦前日本で普及させる際、柔道(投げ技・寝技)と差別化させる為に突きや蹴り技などの打撃技を主とした武道に転換されていきました。

現在では、2020年の東京オリンピックに新種目として「空手」が採用されるなど、世界的に人気な武道となっています。

流派も空手は多様ですが、主には伝統派空手フルコンタクト空手の2つに分かれます。

伝統派空手(松濤館、糸東流、剛柔流、和道流など)では試合は寸止めルールで試合をしますが、

フルコンタクト空手(極真空手、正道会館など)は顔面への手による攻撃を除き、実際に拳足を当てて試合をします。(オリンピックに採用されたのは伝統派空手です)

どちらも打撃主体の攻防が行われている空手です。一部投げ技もあるようです。

技術的に言えば、伝統派空手はスピードのある突きや蹴りを出し、

フルコンタクト空手はその打たれ強さと強力な打撃が特徴です。また実際に拳をぶつけ合うので、その点ハードでしょう。

伝統派の場合、フルコンタクトの流派に比べ、型や基本の稽古が比較的多い様です。

 

僕も総合格闘技において両空手流派出身者と練習した事がありますが、

伝統派空手の打撃は伸びがあり、速いので訓練を積まなけらば、中々避けきれません。

他方、フルコンタクト空手の前に出てくるプレシャーは凄まじく、その強靭な体から繰り出されるローキック(下段回し蹴り)はまともに喰らい続ければ、数発で立てなくなります。(素人の方なら2,3発耐えれれば、良い方です。ローキック本当に痛いです、、)

スポンサーリンク

合気道と空手の違いとは??

合気道と空手の違いは両方とも日本武道ですが、技術体系が異なります。

合気道は「投げと関節技がメイン」、空手は「打撃技がメイン」だと思うと良いでしょう。

また、両方とも道着を着ていますが、合気道の場合は柔道着より薄手で、その上から袴を穿いたりします。
空手の場合は合気道着よりさらに薄く軽い道着です。

子供が始めるならどちらが良いか??

その子の性格などは関係ある??

回答:若干あるかも

お子さんが習い事として始める場合、その子の性格にも向き不向きが現れます。

合気道であれば、試合がなく、自分のペースでできる為、競争が苦手な子やマイペースな子が長く続くかもしれません。

他方、空手では流派により違いはありますが、試合がある為、元気いっぱいで、どんどん空手を通して強くなりたいという子の方が長く続くかもしれません。

しかし、一番大切なのはその子のが合気道や空手にチャレンジしたいという意志ですので、お子さんの意思を尊重してあげてくださいね。

体力はつくか?

回答:つきます

空手に比べ合気道の方が運動量は少ない事はありますが、どちらも取り組んでいけば、武道としての基礎体力が必要となって来る為、必然的に基礎体力は形成されていくでしょう。

合気道であれば、受け身を取る為の体の使い方(マット運動に似た効果)や空手であれば、突きや蹴りで必要な筋肉が要請されていきます。また武道というのは足腰の筋力が思いの外必要とされますので、練習を積んでいくうちに足腰も鍛えられます。

また、体力だけでなく、精神も武道より、鍛えられ、忍耐強さや人を思いやる心が身に付きます。

どちらの方が礼儀作法は身につく?

回答:どちらも身につきます

空手、合気道、どちらも日本武道として礼儀作法などを道場で学ぶ事ができます。
ですので、礼儀作法に関しては空手でも合気道でも学ぶ事ができ、人格形成に大いに役立つと思います。

費用は??

回答:他のスポーツや剣道と比べると安い事が多い*流派や道場による

流派や道場により会費は異なりますが、合気道も空手も道着を買ってしまえば、特に消耗品もなく初期費用も他のスポーツや剣道と比較すると安く抑える事ができます。

また昇級、昇段の際の費用、所属会派、流派への登録費、スポーツ保険の代金(スポーツ共通)も必要になっています。
もし、気になる道場があれば、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

大人が始める事はできるか??

回答:できます

私の場合、合気道しか分かりませんが、合気道も大人から始める人が多くいらっしゃいます。特に合気道の場合は年齢に関係なく始められます
またフルコンタクト空手などでは大人向けのクラスもあり、大人でも始める事ができます。

もしお子さんが空手や合気道を習いたい、習わせたいと考えているなら、親御さんも一緒に始めてしまうのも良いかもしれません。

武道は年齢問わず、精神、肉体の鍛錬ができ、素晴らしいですよ!!
この事に関しては道場に見学に行ったりする事ですぐにわかると思います。
気になったら確かめてみましょう!

護身術としての効果はあるか??

回答:護身術として使う事は簡単ではない

合気道と空手はその技術体系も素晴らしく、護身性、武術性も兼ね備えています。
しかし、いくら稽古したからと言って、護身術として使えるかは何とも言えません。私も柔道と合気道、総合格闘技をこれまで10年以上稽古してきましたが、護身術として使えるとは言い切れません。理由は2つあります。

1つ目はただ空手や合気道に取り組んだからといっても中々護身術てして使うまでには年月が必要です。例え黒帯を巻いていたとしても難しいこともあります。武道であれば何年、何十年も稽古を積み、やっと護身術として使えるレベルまで達するからです。

2つ目は護身術として力を発揮する場合、普段の道場などとは異なるその場や状況に精神が飲まれ、実力を発揮できないなどの状況が考えられるからです。

ですので、空手や合気道をやれば護身術として効果があると思うのではなく、稽古を積んでおけば、いざとなった時、空手や合気道をやっていないよりはマシと考えておくくらいが良いでしょう。

まとめ

・合気道と空手では、歴史や発祥の地が異なる
・合気道の技術体系は投げ技、関節技が中心
・空手は蹴りや突きが中心
・子供が始める場合でも礼儀作法や体力などは身につく
・合気道や空手は大人でも取り組むことができる
・護身術として使うのは簡単な事ではない

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です