【就活体験記2】インターン参加する前に2つの事で早速コケたww(夏のインターン編②)

こんにちは!レモンです。
前回の続きです。

あらすじ

僕は周囲や両親がインターンシップに行かなければならない様な雰囲気を醸し出され、それに従い、インターンに参加する事に動き出しました。
そして問題が2つ起こるです、、

つづき

1つ目が動き出したのが、8月とかでしたので、インターンシップの締め切りが終わっているところが多い、、汗

出だしで早速ずっこけたわけです。
「もっと早く動けよ!!」とか今更思っても手遅れなワケです。

これは大変な事です。周りも既にインターンに参加している人たちばかりで非常に焦りました。

とりあえずマイナビやリクナビの企業検索でどこかインターンにまだ参加できるところはない会社を漁りまくりました。

その際、金融業に興味があったので、某大手信託銀行のインターンに参加してみようと思いました。

と、「エントリー」のところをカチッとし、

申し込んだところ、その会社のサイトに移行したところ

2つ目の問題が、、
なんと、画面には

「エントリーシートを記入して提出して下さい。」の文字が、、
「エントリーシート?」

なんじゃそりゃ、美味いのか?

って感じでしたが、
「え、待てよ?」

エントリーシートって選考の書類選考にあたるものだったような、、
(エントリーシートとは履歴書に似ているものですが、自分の経歴の他に志望動機や学生時代頑張ったことなどを長々と書かなければならない、就活生にはかなりの苦行になる書類のことです)
と、当時の乏しい就活知識から、これが選考のためのエントリーシートだと僕は気づくのです。

インターンシップ行くにも選考通らなきゃいけないのか!??

こんな感じです

内容はオーソドックスな

「志望動機」や「学生時代頑張った事」

など、普通の就活でのES(エントリーシート)と変わりありませんでした。

はりきって最初に志望動機(400文字)から書こうとしたものの、なんて書いていいか分からない‥

そもそも400字とかレポート程度しか文章を書かないので、まず文章が書けない‥

ましてや志望動機なんて、大したものがない‥

「ただ漠然と興味があるだけ‥」

「みんなが知ってるから‥」
ただこの程度の志望動機でした。

しかし、これだけでは必要最低限の文字数も埋める事ができないので、必死にパソコンと4時間睨みっこして、初めてのESを提出。

「結果は2週間以内にお知らせします。」

と表示され、パソコンを閉じました。

その後、のんびり夏休みを過ごし、2週間を待ちました。

「まー受かっても落ちてもどっちでもいいやー」
「インターンの当てはまたどこかにあるだろう」という感じで、

そして結果は予想通り、

「慎重なる選考を重ねましたところ、残念ながら、今回はご期待に添えない結果となりました。」

とまさかのお祈りメール

これが僕のお祈りメールデビューでした。

しかし、インターンに1つでも行かなければ、と思い、僕はまたインターンに参加できそうな企業を探すのでした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です