【台北!!】当ブログのおすすめ観光スポット8選


日本から飛行機で3,4時間程度で行けてしまう、「台湾」

特に台湾一の都市である「台北」は日本語の通じやすく、公共交通機関も発達している為、はじめての台北でも簡単に観光する事ができます。

今回はそんな台北のおすすめ観光スポット8つをしょうかいします!

スポンサーリンク

台北101

台北のランドマークでもある高層ビルです。

実際に行ってみると、その大きさがよくわかるのですが、高さは509m、101階建てです。

イメージとしては東京のスカイツリーに相当します。台北101の下はソラマチの様になっておりショッピングや食事を楽しむことができます。

台北101の情報

営業時間 (日~木)11:00〜21:30、(金土祝前)11:00~22:00
アクセス MRT「台北101/世貿」駅出口4下車 地下鉄から直接行くことができます
HP http://www.taipei101mall.com.tw

故宮博物院

世界三大博物館の1つに数えられている故宮博物院です。

館内では写真撮影が可能です。(できないエリアもあるので要注意)

美術品や陶器など多種多様な台湾の歴史的物品が展示してあります。

館内は思うよりも広く、国内では見る事の出来ないものばかりなので、時間をかけて楽しめばよかったなと個人的には思っています(笑)

故宮博物院の情報

営業時間 8:30~18:30 (金土8:30~21:00)、至善園(火~日8:30~18:30、但し11~3月は8:30~17:30)
アクセス MRT「士林」駅前より車で約15分なので、タクシーを利用すると良いと思います。
HP http://www.npm.gov.tw
スポンサーリンク

九扮

あの「千と千尋と神隠し」のモデルとなったとして有名な九份です。*本当かどうかは不明

ちなみに「九份」と言う名は昔、土地を9等分した為、「九份」と呼ばれるようになったそうです。

急な石段が連なっていますが、その脇に様々なお店があり、買い物や景色を楽しむことができます。

九扮の情報

こちらに詳しく書いてあるのですが、台北市内から離れた場所にあるので少し遠く感じるかもしれません。
https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/2436/

ちなみに僕が言った12月ごろは雨で、その時期は天気が優れないなのだとか

淡水

台湾の地下鉄「MRT」ですぐに行ける台北北部にある観光地です。

「淡水」は台湾ではデートスポットとして有名なようで、サイクリングや川に沿って造られた公園を楽しむこともできます。

対岸の景色も見え、景色が素晴らしい場所です。

淡水の情報

台湾の地下鉄「MRT」の「淡水駅」から歩いてすぐの場所にあります。
駅から降りて、すぐ西の方向に行くと公園やお店がたくさんります。

忠烈祠 衛兵交代式

台湾の国民革命忠烈紙祠の宮殿も見所の1つですが、そこを警備する儀仗兵の交代式も素晴らしいのです。

儀仗兵は台湾の陸海空軍から選抜され、厳しい選抜をクリアした兵士ばかりです。(皆さん175㎝以上です、、)

儀仗兵の交代式は1時間毎に行われます。

人形の様に全く動かず、更新の際は一糸乱れず、行進して行きます、その様子は見ていると圧巻ですよ。

忠烈祠 衛兵交代式 の情報

儀仗兵の交代は午前9時から一時間毎に交代し、最後の交代は16時40分から行われます。

アクセスは高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車して、市バスの247、287番に乗り換え、「忠烈祠バス停」下車。

士林夜市

台湾と言えば、夜市も有名ですが、士林夜市は台湾の中でも最大規模の夜市です。

お店も豊富で、飯場の入り口にある顔くらいのサイズの大きなチキンが有名です。
(実際に食べてみましたが、ボリュームがすごかったです)

士林夜市の情報

営業時間は17時から深夜の1時まで、

アクセスはMRT「剣潭駅」1番出口より5分

北投温泉

台北の北部にある温泉街です。日本の熱海や草津のよう温泉街があるのですが、

新北投駅から歩いて15分くらいのところに天然の大きな北投温泉があり、その大きさは驚きです。

大きな池のような温泉から絶えず、湯気がもくもく湧き出ていてまるで草津温泉のようでした。

また淡水から近いので、MRTで淡水と北投温泉を同じ日に回ることもできます。

北投温泉の情報

アクセスはMRT「新北投駅」から歩いて15分ほです。

台北の中心部からもMRTで40分ほどで行くことげできます。

最後に

台北はコンパクトな街で、九扮を除き、地下鉄やタクシーで簡単に移動することができます。

行く順序を地図や路線図で確認して計画的に観光すると良いですよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。