就活の為にも大学生の内にやっておくべき事5選

あなたは就職活動がまだまだ遠い1,2年生やもうすぐ就活の3年生かもしれません。

今の大学生活に満足していますか??

「バイトとサークルしかしてない‥」

なんて言う人もいるかもしれません。

でも、漠然と将来に対して、

「このままで就職活動とか大丈夫かな??」

なんて思っていませんか??

では、実際に就職活動の為、あるいは進路選択の為に、大学生活で何をしておけば良いのでしょうか??

今回はもうすぐ大学生活が終わる僕が感がえる大学生活にやっておくべき5つの事を紹介します。

スポンサーリンク

①学業

やはり大学生たるもの一番大切な事です。

学業に一生懸命取り組む事で、あなた自身の知見ももちろん深まりますし、成績(GPA)も良い方が就職活動でも活きていきます。(成績が悪いからといって不利になる事はありません)

4年生までにある程度単位を取っておく、っという面でも学業は大切な事です。

4年生になり、就職活動や公務員試験が始まれば、進路関係で忙しくなり、学校の授業に出られる時間も少なくなる為、3年生までに単位をきちんと取っておきましょう!

最悪の場合、せっかく進路が決まったのに、“留年”なんて事にもなりかねません。

僕も就職活動をしていた4年の前期はほとんど授業は出れなかってので、就職活動との両立は意外と大変ですよ!

また、ゼミや研究室に入れば、「大学の講義などで何を学んだか」という質問にエントリーシートや面接の場で書き易くなります。

意外にこの質問はエントリーシートや面接で多く出されます。

しかし、実際の面接でその事に聞かれても、ゼミや研究室に入り、きちんと勉強していれば、答えやすいですよね。(僕はゼミに入っていなかってのでこれで結構苦戦しました涙)

また希望の業界について関する事を学校の授業内外で学んでいると、就職活動でも有利に働きます。

ですので、勉強はちゃんとやって損はありませんよ!!

スポンサーリンク

②サークル、部活

大学生であれば1つは入っているサークルがある人もいるかもしれませんし、入っていない人もいるかもしれません。

実際にサークルに入ると「大学生のうちに何を打ち込んだか」という事に対して学業と並んで答えやすいネタになります。

またサークルなどで代表者や役職に就けば、よりサークルの内容について話しやすくなるでしょうし、より内容を広げて答える事もできます。

サークル以外にも大学で部活に入るのも1つの手です。

「今更、部活??」

なんて思うかもしれませんが、

大学の部活は、中高の部活とは雰囲気が少し違い、部の運営、体育会ならではの上下関係、他にもOB会とのやり取り、伝統校ではその部独特の伝統やネームバリューに触れられるなど、

他の大学生とは異なった体験ができ、就職活動で、その様な事を話すネタにできますし、他の就活生との差別化にも繋がります。

僕も部活動をしていたのですが、実際の就職活動で、体育会などの部活に入っていた、と言う事を話すと面接官が興味を持ってくれる事が多かったですよ!

興味のある人は部活に取り組んでみるのもどうでしょう!?

③アルバイト

多くの人がやっているアルバイト。生活費や交際費の為にやっている人がほとんどであると思いますが、こちらも就職活動で話せる事柄になります。

学内の活動とは違い、幅広い年齢層の人々と接する事が多く、接客の経験やアルバイトの業務でどんな事を意識して取り組んでいたかなど、話せることが多くあります。

また、高校までアルバイトをした事がない、禁止だった人にとってはアルバイトをする事で“働く”と言う事がどんな事なのか勉強する機会にもあります。

④語学や資格の勉強

語学や資格の勉強も進路に役立てる事ができます。

まず語学についてですが、海外で仕事をしたいと考えている人は語学の勉強は絶対にしておいた方が良いです!!

英語であれば、TOIEC、TOEFLの点数を取っておくと履歴書にもちろん書くこともでき、評価されます。更に高得点であれば尚更です!

近年では内需の減少により、海外に事業を拡大している企業もかなり多く、語学ができる人材は非常に重宝されます。

その為、英語だけでなく、中国語やフランス語などの英語以外の語学を学んでおくと就活で役に立つでしょう。

語学の話せる人材は非常に必要とされているので、大学生活で語学を学ぶ、と言う事は非常に有意義ですよ!

(僕は全く語学の勉強をしていなかったので、この点は後悔してます、、涙)

また、資格の勉強も役に立たちます。簿記や宅建、FPなどたくさん資格もありますが、もしあなたが就きたいと考えている業界があれば、その業界で役に立つ資格を取得すると良いでしょう。

不動産業であれば、宅建
会計関係であれば、公認会計士
経営管理であれば、簿記
金融系などであれな、FP(フィナンシャルプランナー)

など様々です。

⑤自分の好きな事に打ち込む

僕は上記の4つと並んで、この事も大切な事の1つだと考えています。

なぜなら、上記にあげた4つの事、またそれ以外にやりたい事があれば自分のやりたい事に熱中しましょう。それがあなた自身の強みになるからです。

自分の好きな事であれば、成果に結びつきやすいですし、就活の為に云々ではなく、自分が心から打ち込める事の方が大学生活を有意義に過ごせます。

また、その一生懸命取り組んだ事に“価値”が生まれ、それがあなた自身の長所”や“強み”になります。

ですから、好きな事にとことん打ち込む事も価値ある事です。

まとめ

以上、5つの事をお話しましたが、

スポンサーリンク

一日一日を大切にして、貴重な大学生活を有意義に過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。