【朝なのに面倒!】ズボラな男でもできる3つの寝癖の簡単な直し方

朝永い眠り(睡眠)から目が覚め、朝、鏡を見ると、頭が予想以上に

ボンバーしていて寝癖がひどい事ってありませんか??

ただでさえ時間がないのに、寝癖を直すのに時間がかかったりすると面倒ですよね。

今回は僕ようなズボラな男子大学生でも簡単にできる3つの寝癖の直し方をお伝えします。

スポンサーリンク

寝癖の直し方

①お湯で寝癖の部分濡らす

水で濡らす方法は誰もが一度やったことのある方法ではないでしょうか??

しかし、水では寝癖は直りません。

なぜなら髪の毛は濡れている時は柔い状態であるが、乾くと髪の毛が固くなるという性質があり、

寝癖を直す場合は水ではなく、お湯で濡らした方が髪の毛が柔らかくなりやすいから。

また、お湯で髪の毛が柔らかくなるは髪の毛がタンパク質で構成されているからです。

このお湯で髪の毛を濡らす時のポイントは髪の毛の根元を濡らすことです。

大抵の場合、寝癖は髪の毛の先ではなく、根元から癖がついているからです。

お湯で蒸らすときの注意ポイント

・根元からお湯をあてること
・お湯で髪の毛が柔らかくなるには時間がかかるので、すぐに髪の毛を乾かさない

②蒸しタオルを使う

先ほど、寝癖の直し方として「お湯で髪の毛」を使う方法を紹介しましたが、

実際、寝癖が多かったりして、忙しい朝にお湯で濡らすのはほぼ、先発に等しくなり、大変ですよね。

そんな問題を解決してくれるのが「蒸しタオル方法」です。

頭に負けるくらいのサイズのタオルを水に濡らし、レンジで1分ほどチンしてしまえば、出来上がりです。

出来上がった蒸しタオルを寝癖のついている部分に根元からあてるようにし、数分タオルを頭に巻いておきます。

そうすると髪の毛が柔らかくなっているので、寝癖を直す事ができます。

最後に、寝癖を直したら髪の毛を乾かしましょう。

蒸しタオルを使う時の注意ポイント

・根元のからお湯をあてること
・髪の毛にお湯を浸透させるため、タオルに濡らす水は多めでOK
・やけどに注意すること

スポンサーリンク

③寝癖直しを使う

薬局などで売っている、寝癖直しを使うのも一つの方法です。

お湯でいちいち直す時間がない人や面倒な人は薬局などで探してみましょう!!

寝癖がつく原因は??

寝癖の大きな原因は髪の毛が

濡れたまま寝てしまう事です。

髪の毛が濡れたままにした寝てしまうと、乾く際に髪の毛の癖が水素結合により、固まってしまい、寝癖がついてしまうのです。

お風呂から上がった後、髪の毛が半乾きで寝てしまうと寝癖がついてしますのです。

寝癖の予防方法

寝癖の原因が髪の毛が

髪の毛が濡れたまま、寝てしまうと、髪の毛が乾くときに寝癖がつくことが原因なので、

寝る前に髪の毛をきちんと乾かす事が大切です。

・髪を乾かすときのポイント

温風で紙の毛を乾かした後に、冷風で乾かすと、効果的です。

まとめ

・寝癖を直す方法
①お湯で髪の毛を濡らす
②蒸しタオルを頭にあてる
③寝癖直しを使う

・寝癖の原因
髪の毛が濡れたまま、乾くこと

・寝癖の防止法
髪の毛をきちんと乾かす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。