【2018・三重県桑名】九華公園の桜の開花状況、屋台は??

三重県桑名市に位置し、約7.20haほ広さを誇る九華公園。

桑名市民の憩いの場として普段から浸しまれいるスポットですが、

春の桜の時期、「さくらまつり」5月には「つつじまつり」が催されるスポットでもあります。

今回はその桜の時期の九華公園の見どころや開花状況をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

九華公園の桜の見どころ

九華公園の見どころはソメイヨシノや山桜、しだれ桜の桜がお堀の沿って、約450本の桜が咲き、九華公園を彩る点です。

また桜の時期は毎年、「さくらまつり」が開催され、様々な催し物を楽しむ事ができる事できます。

九華公園の開花状況、ライトアップはある??

九華公園の桜の見どころは

3月下旬~4月中旬

です!!

また、桜の開花時期には「さくらまつり」が先述の通り、開催され、毎年、「さくらまつり」の期間(2017年は4/1~4/15、~21:30まで)にぼんぼりなどで桜がライトアップされます。

ライトアップされた夜桜が水面に映え、幻想的な様だそうでうす!!

九華公園の桜の時期の屋台は??

九華公園の「さくらまつり」の期間は”まつり”の名の通り、

開催期間中は数多くの屋台が出店します!!

*ゴミはきちんと持ち帰るよう呼びかけられています。

スポンサーリンク

九華公園の情報とアクセス

九華公園は桑名城の跡地に造られました。園内は本丸跡と二の丸跡に造られ、約7.20haの広さを誇ります。

また九華公園の構造として特徴的な点が園全体の6割にあたる部分がお堀が占め、お堀には水が張られて、そのお堀を跨ぐ橋が園内にいくつもかけられています。

園内には松平定綱(鎮国公)と松平定信(楽翁公・守国公)を祭る鎮国守国神社が存在し、本丸跡には天守閣跡などが存在します。

出典:https://kanko.city.kuwana.mie.jp/event/suigofune/index.html

 住所  桑名市吉之丸
 お問い合わせ  0594-21-9932/桑名城跡・九華公園

0594-21-5416/桑名市物産観光案内所(「さくらまつり」について)

 アクセス  電車:JR・近鉄桑名駅より徒歩20分

バス:市内A循環「本町」バス停下車し、徒歩約3分

クルマ:東名阪自動車道桑名ICより15分、伊勢湾岸自動車道湾岸桑名ICより15分

 駐車場  有り

吉之丸コミュニティパーク駐車場:普通車1日1回200円
臨時無料駐車場も「さくらまつり」の期間あるそうですが、要確認

*駐車できる台数が少ない為、公共交通機関を利用するよう呼びかけられています。

 料金  無料
 HP  http://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/kyuka/

なぜ″九華″公園のなのか

昔、現在存在する九華公園の場所にはく和南城が存在し、「扇城」と呼ばれていたのですが、その昔、中国には「九華扇」と呼ばれる扇があり、それと関連していると言う説。

「九華=きゅうか=くはな=くわな=桑名」という風に江戸時代では桑名を表すものとして使用されており、城の名称とかけられた説があります。

おわりに

お堀に橋がいくつもかかる構造が特徴的な九華公園ですが、桜が咲くとより、幻想的な風景が楽しめます。

普段とは少し変わった桜やイベント事に行ってみたいという方は是非行ってみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。