「大学の新歓、行かないのって?」新歓に行っても損しない3つの理由

大学生になり、入学式を終えると、

学内のサークルが新歓活動が行われます。

「楽しみ!!」という人がいる一方、

僕の様な見知りのあなたは

「行くのダルイ…」

「新歓なんて行かなくていいか」

なんて思いませんか??

今回は新歓に行かないのはヤバい事なのかお伝えします!!

スポンサーリンク

新歓に行かなくても特に致命的な問題はない

学内が新歓で盛り上がっているからと言って、

あなたが新歓に行きたくないなら、別に行く必要はありません。

別に新歓に行かなかったといって、友達ができる訳ではありませんし、講義やバイトなど、いくらでも友達を作るチャンスはあります。

僕の友達で入りたいサークルがなくて4年間、サークルに無所属の友達が2人いましたが、別に友達がいない訳でもなく、楽しそうに大学生活を送っていました。

こんな時は新歓に行かない!!

興味のあるサークルがない・サークルに入る気がない

あなたがそもそもサークルに入る気がなかったり、

学内に入りたいサークルがなければ、サークルに入らないのもありです。

無理にサークルに入って時間やお金を使うのは勿体無いことですし、勉強やバイトに時間を充てた方が充実した大学生活を送る事ができます。

また学外の社会人のサークルに入ルノモいいですよ。

「なんだ、新歓行かなくてもいいじゃん!」って思ったあなた。

実は新歓に行くのも損ではない事が3つあります。

次は新歓には行っても損ではない3つの理由をお伝えします。

スポンサーリンク

新歓には行っても損ではない3つの理由

友達を作るチャンス

新歓のイベントではあなたと同じ新入生が勧誘されて集まってきます。

ですから、新歓で友達を作る事って意外と簡単です。

お互い、知らない事ばかりなので、しあえば、分らない事を質問すれば、会話は簡単に成り立ちますし。

僕も新歓で友達を作りましたし、同じ学部や学科の友達もできましたし、今でも付き合いがあります。隣の新入生に声でもかけてみましょう!!

タダでご飯を食べられる

新歓では先輩たちがサークルに勧誘する為にあの手この手で新入生を歓迎します。

その中でもよくあるのが、食事会です。

なんと、タダでご飯が食べられる!!

「申し訳ない…」なんて思う勿れ!!

多くの大学生の先輩もそうしてもらっています(笑)

特に春から一人暮らしのあなたは栄養補給のためにも参加した方がいいでしょう。

僕も一人暮らししていたので、よく新歓では御馳走になりました(笑)

飲酒に関しても最近の大学生は以前に比べ、シビアになってきているので、あまり心配しなくても良いでしょう。

学内の情報を収集できる

新歓で同学年の人とも交流できるので、ガイダンスや講義の開始情報を交換できたり

先輩に履修相談に乗ってもらえたりでき、学内の情報を一気に収集できます。

特に大学の履修のシステムや講義についてよく分からなくて心配なあなたは新歓で情報収集するというのも良い手段です。

僕も4月の頃は講義の履修の仕方や講義の開始時期、ガイダンスの情報など分らなかったので、新歓で情報を集めていました。

まとめ

・別に新歓に行かなくても問題はない(友達は新歓以外でも作れる!)

・新歓に行くメリット3つ
①新歓で友達、人脈を作るチャンス
②ご飯をおごってもらえる
③同学年の人や先輩から情報収集できる

新歓は行ってみると結構楽しいですよ!!色んな人がいますし、ご飯も食べれますし(笑)

でも、無理していく必要はありません!!個人の好みで判断しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。