内定を辞退の理由はどうする??理由を考える事は最後の自己分析!?

日々の忙しく、憂鬱になる就活であなたがやっと苦労して得た内定。

人によっては、複数社から内定をもらってどの企業にするか悩み、内定の辞退の連絡をどうするか更に頭を抱えるあなたもいるでしょう。

僕もありがたくも内定を複数頂いたので、内定を断るのは心が痛むと言うか、頭が痛かったです。

特に頭が痛いのが「辞退の理由」ですよね。

正直に言うか、嘘をつくか…

今回はそんな内定の辞退の際、辞退の理由はどうするべきかお伝えします。

スポンサーリンク

まず内定の辞退の連絡は必ず電話でする

基本的に内定辞退の連絡は電話で行うようにしましょう。

理由は2つです。

・最速かつ確実に伝わるから

・誠意が伝わりやすいから

1つ目の「最速かつ確実に伝わる」という理由はメールや手紙では見られない事や確認が遅く事があり、適切とは言えません。対して、電話であれば、相手に素早く伝えられ、相手に確実に伝えられます。

2つ目の「誠意が伝わりやすい」という理由ですが、あなたが好きな人に告白する時、直接話すかメールで告白するかどちらが気持ちが伝わりやすいか、考えれば分かるはず。

直接伝えた方が気持ちは伝わりやすいですよね。それは内定辞退の際、企業に誠意を伝えるのも同じで、メールでは誠意は伝わりづらく、そっけなく感じます。

上記の理由から内定の辞退の連絡は電話で行う様にしましょう。

できるだけ連絡は早くに!!

内定をもらうと、とても嬉しいですよね。

「やっと内定だ!!」

と舞い上がる気持ちがありますが、

もし、内定を複数貰っていたり、複数の内定がもらえそうな場合は、

できるだけ早めに辞退の連絡をするようにしましょう。(内定の承諾も同様ですよ)

なぜなら企業も採用人数を調整しながら、採用活動をしているので、内定を承諾してくれるのか、辞退するのか、を早く知り、採用人数の調整を行いたいからです。

採用活動も企業にはコストがかかっているので僕ら学生が思っているよりシビアなものなのです。

ですので、内定の辞退の連絡は早めにしましょう。
僕の友達で某金融系の大手から2社内定をもらい、決断をひと月弱先延ばしにした結果、

企業から呼び出されてしまった…という若干怖い話もあるので、連絡は早めにしましょう。

回答までの期限を企業に伝えるとより良い!

優柔不断だったり、企業に内定の承諾を待ってもらう(内定を辞退するかの決断)際は、

予め、いつまでに判断するか企業側に伝えておくと良いですよ。

例えば、

6/10に内定をもっらた場合、6/20までには内定を承諾するか決める

という風に採用担当者に伝えれば、期日までは待ってもらえますし、相手方も期日がはっきりするので、採用活動を行いやすくなります。

また、これなら、決断を先延ばしにする事もないので、優柔不断なあなたにはお勧めです!!

僕も内定をもらった際は必ず、期限を決めて、内定の承諾と辞退について待ってもらっていました。

上記の様に、学生も企業も期日をはっきりさせた方がメリットがあるので、おススメです。

スポンサーリンク

まず、内定辞退の理由を伝えるべきか??

基本的に理由は答えなくてもOKです。

でも、基本的に内定の辞退は電話になるので、担当者との会話の中、なぜ他の企業を選んだのか(間接的に辞退の理由)を聞かれる事があるので、

辞退の理由も考えておく必要があります。

僕や周りの友人でも多く人が理由を聞かれたので、理由を考えておくのは必須です。(僕も理由を聞かれてこまりました)

もし辞退の理由を尋ねられたら正直に答える??

この場合は人によりけりかもしれませんが、正直に答える事をお勧めします。

あなたが今、内定を辞退するか悩んでいる企業はあなたの良さを理解してくれている貴重な存在であるので、誠実に対応しましょう。

もちろん正直に話過ぎず、言葉は失礼のないように選ぶ必要がありますが、、(給与に話や業界何位などはもちろんNG、よく考えておきましょう。)

また、正直に辞退の理由を分析する事は、これから入社する企業の選択を誤らない為の最後の自己分析にもなるので、理由をよく考えておきましょう。

僕もあなたと同じ事で頭を抱えていたのですが、僕の場合も僕やはり正直に答えていました。

やはり、僕の様な学生でもしっかり自分を見てくれて、内定をくださったので、そのような企業には特に誠実で対応するべきだろうと思ったからです。

そんな理由もあって、僕は正直に答える事をオススメします。(但し、言葉は失礼のないようにですよ)

まとめ

・内定の辞退の連絡は電話でする

・聞かれなければ、理由を答える必要はないが、効かれる事が多いので、理由は用意しておく

・理由はできるだけ正直に(ただし、失礼のないように)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。