2018年の浜松まつりの見どころは??凧揚げはどこで見られる??

毎年、5月3日~5日に行なわれる浜松まつり

大空に様々な凧が舞い上がる事で有名です。

今回は2018年の浜松まつりの見どころや混雑具合についてお伝えします!

浜松まつりとは

浜松まつりとは浜松市の年中行事で、毎年3日間、開催されます。

その中でも特に特徴的な面が凧をあげてお祭りをするという点。

江戸時代に地元の人々が始め、現代にまで至るお祭りです。浜松は「遠州のからっ風」と呼ばれる強風が吹く為、凧揚げには適しており、凧を揚げて、子供の誕生をお祝いします。

 

見どころは大空にたくさんの凧が揚がる「凧揚げ合戦」と様々な御殿屋台が見られる「御殿屋台引き回し」の二つが有名です。

そんな歴史ある浜松まつり。2018年はどのように行われるのでしょうか?

2018年のスケジュールは??

2018年の浜松まつりのスケジュールは5/3(木)〜5/5(土)の3日間開催されます。

開催期間では、凧揚げのイベントはもちろん、「にぎわいイベント」という催し物も行われます。

 

・凧揚げ(中田島会場)

5月3日 10:00~15:00

5月4日 10:00~15:00

5月5日 12:00~15:00
浜松まつりの見どころでもある凧揚げは浜松市内から少し離れた中田島会場で行われます。

 

・市中心部会場

5月3日~5日 18:30~21:00

御殿屋台が市内を引き回され、お祭りを盛り上げます。

 

見どころ①凧揚げ 駐車場は??

やはり、浜松まつりと言えば、凧揚げですよね。

浜松まつりの期間では様々な凧が揚がりますが、その中でも4,5日は「糸切り合戦」という相手の凧に糸を絡ませて、切る、凧揚げの格闘技のような様子も見る事ができます。

 

 

凧揚げは「中田島部会場」という中田島砂丘の隣の「凧揚げ会場」で行われます。

 

時間は5/3,4,5 の 10:00-15:00 です。

また、中田島部会場の凧揚げ会場の専用の駐車場はない為、どこかの民間駐車場を探す必要があります。

 

また、浜松まつり全体として、飯田公園の臨時駐車場が使用されていますが、混雑の為、車の移動が浜松市内は大変になります。

その為、浜松駅に隣接する駅周辺などに車を停め、電車やシャトルバスで移動すると良いですよ!!

見どころ②「御殿屋台」どこで見られる??

「御殿屋台」とは浜松市内の町が様々な屋台を引いて回る「御殿屋台引き回し」が行われ、綺麗な屋台を見られ、見る人の目を楽しませます。

「御殿屋台」は「市中心部会場」という会場(浜松市中心)で見る事ができ、

時間帯は 5/3,4,5日の18:00~21:00 に行なわれます。

場所は先述の通り、「市中心部会場」ですが、主にJR浜松駅周辺で行われます。

 

凧揚げと御殿屋台は両方見られるのか??

同じ浜松市内で行われる為、両方見る事は可能です。

ただし、車での移動は交通規制や混雑で移動が難しい為、例年運行されているシャトルバスを利用すると便利です。

シャトルバス

浜松駅 ↔ 中田島会場 ↔ 飯田公園・臨時駐車場

を結びます。

 

移動は可能ですが、当日はシャトルバスも混雑が予想されるので、余裕をもってバズに乗ると良いでしょう。

詳しくはこちら→http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/access/

雨の場合はどうなる??

2014年5月5日の場合、御殿屋台引き回しが雨天の為、中止になりました。

また、凧揚げも少しの雨なら中止ならないようですが、天候によっては中止になる為、要確認です。

アくセスは??

・電車
JR浜松駅を下車

・車
浜松IC、浜松西IC

*なお、中田島会場周辺(国道1号線以南)は交通規制の対象の可能性がある為、要確認

交通規制は??混雑する??

交通規制は先述の通り、中田島周辺と市内中心部会場の周辺(御殿屋台引き回しの為、例年では夕方より交通規制)が交通規制が行われる為、注意が必要です。

また、混雑具合は例年、言うまでもなく、混む為、注意が必要です。

周辺のおすすめスポット

RAKU SPA Cafe 浜松

お風呂屋さんの「RAKU SPA Cafe 浜松」。

しかし、ただの銭湯ではなく、岩盤浴や休憩エリアに12,000冊の漫画、豊富なメニューのカフェなど至れり尽くせりの施設です。

また、浜松駅から送迎のバスも出ているので車をどこかに停めていても安心です。


・公式HP
http://rakuspa.com/hamamatsu/

・料金
大人フリータイム:1190円

・住所
静岡県浜松市南区若林町1680-5

 

中田島海岸

凧揚げ合戦の行え有れる中田島会場の隣にある海岸です。

「海岸」ですが、実は中田島海岸は「砂丘」でもあり、広大な砂丘と海を楽しむ事ができます。

風が強いので砂が目に入らない様に気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

雨天の場合は凧揚げや御殿屋台が中止になる事もあるので注意が必要です。

興味がわいたあなたは是非GWにでも行ってみては??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です