5・18アニメ版ゴジラ映画「増殖都市」の公開日やあらすじは??

2016年には映画「シン・ゴジラ)が話題になりましたが、

2018年5月には3部作のアニメ版ゴジラ(2作目)が公開されます!!

前作の映画「GODZLIRA 怪獣惑星」は3DCGアニメならではのゴジラが展開されました。

 

また、「GODZLIRA 怪獣惑星」の衝撃のラストから、次作の「GODZLIRA 決戦機動増殖都市」はどのような展開になるのでしょうか??

アニメ版「GODZLIRA 決戦機動増殖都市」の公開日は2018・5・18に決定!!

http://godzilla-anime.com/news/ より引用

アニメ版のゴジラ映画「GODZLIRA(全三部作)」の第二章の公開日が2018年5月18日金曜日に決定しました。

僕も大のゴジラファンなので、もちろん前回の「GODLIRAGODLIRA 怪獣惑星」は映画館まで見に行ったのですが、

実写以上にアニメだからこそできるスケールの大きさで物語が描かれており、映画館で驚いた作品です。

 

では、第二章「GODZLIRA 決戦機動増殖都市」はどんな展開になるのでしょうか??

前回のラストはメカゴジラ?の残骸らしき物で物語が終わったので、

今回はメカゴジラが関係してくるのではないかと個人的にはワクワクしていますが、まずは前作のおさらいです。

第1章のあらすじ

第1章のあらすじは

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星e」を目指した。

しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。

その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。

しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。

 

*公式HPより抜粋

というもの。

第1章では、やっとゴジラを倒したと思ったら、その親玉(シン・ゴジラよりでかい)が出てきて、衝撃的でした。

その親玉ゴジラによっ主人公のハルオは仲間たちと離れ離れになり、気を失い、物語は一旦終わるのですが、第2章はどんな展開になるのでしょう??

第2章の展開は??メカゴジラが??

前作では巨大ゴジラの攻撃によってハルオは仲間たちと離れ離れになってしまい、気を失ってしまいます。

第2章の現在で分かる内容は

第2章では第1章で一瞬出てきた先住民族の様な人間?に助けられ、ハルオを助けた人間?が「フツア」と呼ばれる民であることが分かります。

そして「フツア」の民はハルオは「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」と言いますが、ハルオは諦めません。

ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。

それは、21世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった……

 

*公式HPより一部抜粋

 

こちらが第二章の展開です。

「フツア」の民や「ナノメタル」、「メカゴジラ」などの新たな言葉が出てきましたが、なにやら物語の鍵を握っていそうな言葉ですね。

ちなみに前作でラストに登場した、ハルオを救った「フツア」の少女?は「ミアナ」と言うそうです。

注目ワード①「フツア」の民

人類が2万年前に滅ぼされ、地球を後にしたのにも限らず、地球に生存していた人型の生命体です。

第2章の展開を読むと知能もあり、人間の末裔?の様にも見えますが、彼らの真相は明かされるのでしょうか??

 

なぜ、ゴジラがいたり、環境の変わった地球で生きられるのか気になったり、

彼らの言う、

「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」

「フツアの神」の正体が非常に気になりますよね。

もしかしたら、「フツアの神」とはかつて人類が起動寸前で破壊されたメカゴジラの事を指し、伝承として伝わっているのかもしれませんね。

注目ワード②「ナノメタル」

「ナノメタル」とはメカゴジラを構成する「自律思考金属体」らしいですが、

「自律思考金属体」という字ずらから考えると、人間が制御しなくても、メカゴジラを構成する金属「ナノメタル」が自らメカゴジラを制御していた便利な金属版AIなのかもしれませね。

こんな設定はよく他のSF映画やアニメでもありますが、「ナノメタル」って結構ヤバそうな金属ですね。

 

また「フツア」の民はこの「ナノメタル」を矢じりにしていたので、先ほどの推測通りだと、フツアの民は「ナノメテル」の恩恵を受け、ゴジラのいる厳しい地球環境で生き抜いたとも考えられますね。

注目ワード③「メカゴジラ」

そして、ゴジラファンならば、誰もが気になる「メカゴジラ」

個人的にはミレニアムシリーズの「機龍」が好きなのですが、

今度の作品では、過去に人類の「対ゴジラ決戦兵器」として開発され、起動寸前でゴジラに破壊された兵器です。

第1章でもその場面の回想や登場人物の会話、ラストの残骸?にも出てきますが、第2章ではどのような役割をもつのでしょうか??

普通に考えれば、人類が地球をゴジラから奪還する為の切り札として使われそうですが、どうなるのでしょうね。

個人的にはきっとメカゴジラがタイトル通り、ゴジラと”決戦”ををしてくれると期待しています!!(笑)

まとめ

・アニメ版ゴジラ映画「GODZIRA 決戦機動増殖都市(第二章)」の公開日

2018年5月18日(金)

 

・注目ワード

「フツア」←人類の末裔?、「ナノメタル」←自律思考金属体、「メカゴジラ」←人類の切り札?

 

アニメ版ゴジラがますます楽しみになってきましたが、あなたは第2章はどんな風になると思いますか??

やはり僕はメカゴジラが頑張って地球奪還の切り札になると思っているのですが、公開が楽しみです!

では、公開を楽しみに待ちましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です