2018・葛西納涼花火大会のデートで使える穴場3選!!屋台は??

東京での花火大会と言えば、隅田川花火大会や足立の花火などがありますが、

毎年7月に行われ、1万3000発が打ち上がる葛西納涼花火大会も有名な花火大会です。

たくさんの花火と大迫力の臨場感ある花火が見に来る人を楽しませます。

デートなどで行って見たいけれど、人混みが凄いから、どうしようかな?

とか思う程大規模な花火大会ですが、

今回は2018年の葛西納涼花火大会をデート行く際に行ってみたい穴場と花馬の見どころについてお伝えします!

スポンサーリンク

葛西納涼花火大会とは??

葛西納涼花火大会は60万人以上の人々が訪れる一大花火大会です。

先述の通り、13000発もの花火が打ち上げられるので、非常に見応えがあるのですが、河川敷に花火大会が行われる為、花火を一望する事ができます。

 

過去の葛西納涼花火大会の映像はこんな感じです。

2015年の時の映像ですが、最後2分間のラストの花火のラッシュが盛大で綺麗です。

 

最初の方は花火は「パンパン!、パパンパンパパン!」と弾けるように花火が開いていきますが、

最後の2:07頃から大きく、「パンパン…ドドォオオオオオーン!!!!」と一気にクライマックスを迎えます。

 

間近で見るとすごい迫力なのは間違いないですね!!

では、2018年の葛西納涼花火大会の日程や開催場所をチェックしていきましょう!!

2018年の葛西納涼花火大会の日程や開催場所は??

例年、葛西納涼花火大会は7月の第四火曜日に行われます。

2018年の葛西納涼花火大会の開催日時と場所ですが、

・日時2018年は7月24日(火)19:30〜20:30
*延期の場合は7月25日(水)
・場所花火が打ち上げられる一帯は東京都葛飾区柴又で、打ち上げ場所は葛飾区柴又野球場です。

次は葛西納涼花火大会の穴場スポットをお伝えします!!

葛西納涼花火大会の穴場スポットは??

新葛飾橋(国道6号-水戸街道)


花火は川の周囲で打ち上げられる為、河川敷でなくても橋の上から花火を楽しむ事もできます。

橋の上からだと、特に邪魔になるものもなく目の前で、花火を綺麗に眺める事ができます。

・JR金町駅より徒歩15分

松戸矢切高校跡地


松戸矢切高校の跡地からも花火を楽しむ事ができますが、花火を見る位置が斜めになる為、

正面から花火を眺める事は難しいですが、混雑している会場周辺の中では花火をきちんと見られるスポットです。

・JR金町駅より徒歩25分

千葉県側の江戸川河川敷

花火を東京側からではなく、千葉県松戸市側から見ようと言う事で、

千葉県側の江戸川周辺から花火を見るのも穴場の1つです。

東京側と比べると、人も少なく、場所取りも比較的容易なようです。

河川敷にはゴルフ場があり、ゴルフ場からの花火を眺める事も可能です(要確認)

 

・北総線矢切駅より徒歩20分程度

スポンサーリンク

葛西納涼花火デートはどうする??

調べてみると、葛西納涼花火の際、最寄り駅からのJR金町駅などから出ると、コンビニやスーパーなどは周囲にあまりないのなので、あらかじめ飲み物などは買い出しておいた方が良いです。

最寄り駅周辺での買い出しがおススメですが、混雑する事も予想できるので、飲み物などは早めに準備しましょう。

 

トイレも駅周辺のコンビニや会場周辺の公園のトイレを使う事も可能ですが、例年仮設トイレが設置されています、とは言っても、何十万人の人が集まるので、早めにトイレも済ませておきましょう。(時に女性は大変です)

 

また、電車も行き帰りはやはり混むため、余裕をもって行動する必要がありますし、花火大会の前には先ほどの穴場スポットなどに早めに行って、場所取りをするのもアリです。

 

ずっと歩いたり立っていてりすると疲労もたまるのでこんな折り畳みに椅子や場所取りのブルーシートもあると便利ですよ!

 

また、混雑が予想されるので、ゴミ袋などを持っていたりすると良いですよ!

 

花火大会で屋台はある??

会場周辺の屋台の数はあまり多くありません。

しかし、柴又帝釈天参道周辺にはお店がたくさんあるので、花火大会の前に立ち寄って楽しむのも良さそうです。

当日は営業時間が延長されたりするので、ゆっくり楽しめそうです。

 

下のツイートにも柴又帝釈天参道周辺の様子が映っています。

お店がたくさん営業していて、人もたくさんいるので活気に溢れていますね。

是非、花火大会の前に行って楽しんでみてはいかがでしょうか??

まとめ

いかかでしたでしょうか??

下町の風情と花火を共に楽しむ事の出来る葛西納涼花火大会ですが、大会当日は混雑し、買い出しなども大変です。

予め必要な物は用意したり、早めに場所取りをすると、より花火を楽しめそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です