2018年の隅田川花火大会は彼女と一緒に屋形船に!!予約は??

夏と言えば、花火!ですよね。

それも隅田川花火大会なんて有名ですし、大規模で花火大会の様は圧巻です。

でも、人ですごく花火大会当日は混雑しますし、正直疲れますよね。

でも、そんな問題を解決する方法があります。それは

「屋形船」に乗ること

でも、屋形船ってどうやってどう乗るのかわからないあなたもいると思います。

今回はそんな2018年の隅田川花火大会の屋台船についてお伝えします!!

スポンサーリンク

そもそも2018年の隅田川花火大会の日程は??

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に開催されます。

その為、2018年は7月28日(土)19:05~20:30

に開催される予定です。

*延期の場合は翌7月29日(日)

毎年お馴染みの隅田川花火大会ですが、下の動画の様に屋形船から花火を見ると、障害物もなく、ゆっくり船から花火を楽しめます。

1:34あたりの映像は屋形船から花火がどんな風に見えるか想像しやすく、ゆっくり屋形船に乗りながら、花火を楽しんでみたくなりますね。

次はどう屋形船を乗るのか、予約方法についてお伝えしていきます。

どうやって屋形船に乗る??予約方法は??

屋形船のタイプは「貸切」のタイプと「乗合い」のタイプがあります。

貸切の場合は団体の宴会などで使う場合がほとんどですし、値段も高い(最低人数が20名程度なので、費用がかなりかかる)ので、デートなどで利用する場合は「乗合い」のタイプになります。

乗合いの屋形船の値段

乗合いの屋形船の場合は文字の通り、屋形船の出航時間が決まっており、自分たち以外のお客さんと一緒に屋形船の乗り込み、屋形船を楽しみます。

さて、気になるお値段ですが、通常期の場合は食事に飲み放題付きでも1人当たり1万円程度です。

しかし、花火大会の時期は1人当たり2万円から4万円弱程度まで値段が上がります。
(料理、飲み放題付き)

屋形船の中の形態としてはテーブルに座敷や掘りごたつがほとんどです。

舟宿(屋形船を出している会社)によっては屋形船からの鑑賞のみで2万円弱で乗れる場合もあります。

屋形船の場合、お金が結構かかるので、食事などはなしで花火だけを屋形船から楽しむのも全然ありです。

屋形船(船宿)の予約方法

予約は電話やHPからネット予約する事が可能です。電話での予約のみとしている船宿もあるので、電話予約が確実です。

インターネットから各舟宿について調べられるので、価格などをよく比較して検討すると良いです。

舟宿の種類もたくさんありますが、乗合いで値段もリーズナブルな船宿はこちらです。

深川 瀬川丸
Tel:03-3641-9629
HP:http://www.segawamaru.com/hanabi.html
*一人当たり2万円、電話予約(要確認)

江戸川 須原屋
Tel:03-3680-3791
HP:http://www.suharaya.com/
*食事なしで一人当たり18000円(要確認)

東京クルーズ
HP:http://www.suijobus.co.jp/
*昨年の料金は28000円(要確認)

他にも屋形船を出している舟宿はたくさんあるので、一度電話確認などしてみると良いですよ。

また、予約はできるだけ早くにしましょう。直前でもキャンセル待ちの状態もあるので、思い立ったら、すぐに舟宿に連絡してみると良いですよ!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

普段の人混みの中で見る花火も乙ですが、たまには屋形船から花火を見るのも綺麗ですし、デートで彼女が喜ぶ事も間違えなしです。

花火をゆったり見たいあなたにはおススメです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。