2018年鳥羽みなとまつりの花火デートで使える穴場3選!!

夏と言えば、花火ですが、

三重県鳥羽市で行われる鳥羽みなとまつりの花火大会も毎年、多くの人が訪れ、有名です。

そんな鳥羽みなとまつりへ花火デートは行こうとすると、混雑にもちろん巻き込まれるわけでですが、

今回は2018年の鳥羽みなとまつりの花火のデートで使える花火の穴場や屋台についてお伝えします!

スポンサーリンク

2018年の鳥羽みなとまつりの日程は??

2018年の鳥羽みなとみらいまつりの日程は

2018年7月28日(金)です。

開催時間は20:00~21:00です。

*荒天の場合は翌日に延期

 

週末に行なわれるので、学校終わりや会社終わりに花火大会に参加できそうね。

 

下の動画は2013年の時の映像ですが、5000発もの花火が水上から夜空に向かって打ち上げられる花火が水面に映え、幻想的な印象です。花火も多種多様で、見る者の目を飽きさせません。

しかし、例年混雑していたり、場所取りが大変だったりして、大変でもあります、、汗

スポンサーリンク

鳥羽みなとまつりの穴場3選!!

①朝熊山頂展望台

花火の鑑賞する位置としては鳥羽マリンターミナル前や佐田浜堤防沿いあたりが定番スポットですが、非常に混雑します。

なので、デートで行くにしても、もっと落ち着く場所で花火を楽しみたいですよね。

 

そんな時、おススメの場所の1つが朝熊山頂展望台です。

 

朝熊山頂展望台は伊勢志摩スカイラインの山頂にあり、鳥羽みなとまつりの大規模を山頂から楽しむ事ができオススメです。

しかも人も会場周辺に比べればゆっくり花火を鑑賞できますし、駐車場があったり、売店があったり、花火をゆっくり楽しむ事ができます。

また当日は22時まで延長営業してくれるので助かります。

*通行料金は普通自動車・軽自動車は1.220円
くわしくはこちらまで
→http://www.iseshimaskyline.com/

②城山公園

城山公園は花火と海が両方眺められるとあって、有名なスポットです。

ここから見る風景が絵になるので花火デートでは是非使ってみたいスポットです。

花火を見るなら、より綺麗に見られる場所の方が良いですもんね。

③キミモト真珠島

花火大会当日は無料で開放され、車を停める事のできます。

地図の通り、会場からは離れますが、絶景の花火を見る事ができます。

 

鳥羽みなとまつりの屋台は??

屋台も出店され、100件ほど出店されるので、花火の前に早く行っても屋台で時間をつぶしたり、楽しむ事ができそうですね。

屋台は夕方18時ごろから花火大会終了の21時頃まで出店しています。

混雑もするので、早めに会場に行って、屋台で腹ごしらえするのもアリですね。

下のツイートは過去のツイートですが、例年、このツイートの通りに行なわれます。

鳥羽みなとまつりの開催場所は??駐車場は??

2018年の鳥羽みなとみらいまつりの開催場所は文字通り三重県の鳥羽市なのですが、

会場は鳥羽市の「鳥羽湾上」です。

 

・車の場合

近鉄・JR鳥羽駅前鳥羽マリンターミナル周辺近鉄・JR鳥羽駅下車 徒歩8分、鳥羽バスセンター下車→徒歩7分

*駐車場も通常であれば会場周辺にありますが、花火大会当日は混雑する為、臨時駐車場(ミキモト真珠島や鳥羽水族館周辺)が解放されます(約750台ほど)しかし、例年だと、15時には埋まってしまうので早めに行く必要があります。

 

・電車

伊勢自動車道伊勢ICより伊勢二見鳥羽ライン経由で車で約10km

 

次は鳥羽みなとまつりの花火を見る穴場をお伝えします!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

当日は混雑するので車で行く場合は混雑は必至ですし、公共交通機関を利用した方がストレスは少ないかもしれません。

車で行くにしろ、電車に行くにしろ早めに行った方が良いですよ。

早めに行っても屋台が出店しているので、のんびり屋台と散策を楽しみながら、過ごすのもアリです!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です