【飲み】二日酔いの原因と予防と対処法4つ

こんにちは、レモンです。
僕も夏のこの時期は地元に帰省したりするのでお酒を飲みます。お酒は強い方ではなく完全に弱いので、調子に乗ってお酒を飲んでしまうと二日酔いになります笑
僕の場合、基本的にすぐに気持ち悪くなってトイレでリバースしてしまう事も多いですが、次の日に持ち越そうものならば最悪ですね。

頭は痛いし、なんだか気持ち悪いし‥

ほんと二日酔いってしんどいですよね。
大学生の人だとリバースするまでたくさん飲む人もいるでしょう。

ちなみに飲んですぐにリバースしてしまうようや僕みたいな人間のタイプは「下戸」らしいです汗

なぜ二日酔いになるのか??

まず、お酒を飲むと胃や腸へアルコールが回ってていきます。そして肝臓へたどり着くのですが、そこでアルコールが「アセトアルデヒド」に分解されます。
このアルコールから「アセトアルデヒド」に分解する力が強いか弱いかでお酒の強さが個人個人変わります。


僕はアルコールを「アセトアルデヒド」に分解する力が弱いようですね。また、このような人はアルコールを取り込むと顔が赤くなるそうです。そして僕はこの顔の赤くなる人に見事に当てまります笑

「アセトアルデヒド」は有害物質で、「アセトアルデヒド」が体内に残る為、頭痛や吐き気などの「二日酔い」の症状を引き起こします。

*「アセトアルデヒド」はタバコにも含まれる物質であり、発ガン性をもっているので、身体には有害です。つまり二日酔いの状態は非常に身体に対して良くありません。(どの程度の量で危険かは分かりませんが)

スポンサーリンク

二日酔いの予防や対処法4つ

辛くて健康にも悪い二日酔いはどのようにすれば防げるのでしょうか。

①市販の胃腸薬や医薬品を服用する
コンビニや薬局でもなどで売られている二日酔いに対しての効き目を謳っている薬やドリンクが売られていると思います。
また薬局でしか買えない「医薬品」に分類されるような薬はコンビニなどで売られているものよりも効き目が良いです。

(*効き目は個人個人異なります)

②水をたくさん飲む
アルコールを分解する際、体内ではたくさんの水を使い、体外へ分解した物質を排出します。


その際、水を多目にきちんととる事で体内に分解された有毒な物質(アセトアルデヒド)が溜まる事を防ぐ事ができます。また、アルコールを分解する事を助けることができ、効果的です。

③お酒のおつまみを気をつける
お酒を飲むときに何かしらおつまみをお供にしてお酒を楽しむとおもいます。
その時、良質なタンパク質を多く含む枝豆や豆腐などは効果的です。アルコールを摂取した時、肝臓がアルコールを分解する事を助ける事ができます。

④緑茶を飲む

ビタミンCは「アセトアルデヒド」を分解する力があり、緑茶にはそのビタミンCが含まれている為、緑茶を飲む事は効果的です。

まとめ

以上が二日酔いの原因と対策です。

二日酔いに予防策や対策はあると言えど、やはり身体には良くない事ですので、お酒もほどほどにして楽しみましょう。

また僕のようなお酒の人は飲んでも根本的に強くなる事はなく、ただ身体に耐性ができるだけだそうです(残念です‥)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。