【就活】株式会社とは何??有限会社???

こんにちは、レモンです。
就職活動を問わず、新聞やテレビ、インターネット、日常生活の中でよく耳にする「株式会社」という言葉、「株式会社」とはどんな意味を言うのかあなたは知っていますか?今回はそんな「株式会社」についてお話したいと思います。

株式会社とはどんな仕組みなのか

企業が事業を興すには資金がまず必要ですよね。事務所を借りたり、必要な設備を整えたり、人を雇ったりする必要があります。
そこで企業はお金を集めるわけです。しかし、会社を作ったり事業を興すにはたくさんのお金が必要になります。

その為、経営者は株式を公開し、お金を出してくれる投資家(出資者)から資金を調達し、企業は事業を始めます。

しかし、投資家も何の見返りもないしに企業に対し出資してくれる訳ではありません。
企業が事業を成功させ、利益があがるなどすると、企業は出資者に対し、株の配当金や株主優待などで投資家に還元するのです。(僕の友達でも株主優待を受けている人がいました、凄い笑)

しかし、事業が成功しなければ株の配当金や株主優待などは投資家に還元されません。
つまりあなたのよく知っている「株式会社○△」などは投資家らの投資を得て企業運営をしているのです。

スポンサーリンク

株式とは

「株式会社」の「株式」とは自らが出資した株式会社の株主としての権利を表すものです。権利とは株主総会での議決権や株の配当などの請求権を持ちます。
また株式を持つ人の事を「株主(オーナー)」と呼びます。
また株式についての権利は「株券」と言うものに記されていましたが、2009年(平成21年)に株券が電子化されてました。

以上が株式会社についてですが、株式会社と他に「有限会社」というものを耳にした事もあると思います。
こちらもお話したいと思います。

スポンサーリンク

有限会社とは

有限会社とは資本金が300万円以上(株式会社の場合は1円から)で株式は公開できない会社の事を指します。また有限会社は中小規模の事業を行うことに適しており、従業員も50名以内と、小さめの会社です。

また有限会社の場合は出資者が出資した範囲において会社が債務不履行になった場合、責任を負います。また出資者が出資し有限会社の社員となっています。
株式会社の場合は出資者は出資した分の損をするだけで責任を負うことはありません。

また2006年(平成18年)の新会社法により、有限会社は廃止されました。


その為、有限会社が今後できる事はないでしょうし、見ることもあまり多くはないでしょう。

まとめ

・株式会社とは会社が資金を調達する為、株式を公開する。また株式会社は出資者に利益を還元する。
・株式とは株式会社に出資した出資者が株主であることを表す権利である。
・「株式会社」以外に「有限会社」があるが有限会社の場合、会社が債務不履行になった場合、出資者は出資分だけ責任を負う、なお、2006年に廃止された

以上が株式会社についてと蛇足ですが、有限会社の事についてでした。
就職活動などの際の参考に是非してくだされば、幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です