なぜ10/31はハロウィンなのか??起源は??

こんにちは、レモンです。

もうすぐハロウィンですね!!

街中を歩いていると、ハロウィンのキャンペーンをやっているお店やハロウィンのグッズがたくさん売られています。
ところでハロウィンって日本のものではないと言うことはわかりますよね?

「多分ヨーロッパの方のものじゃないかな??」

とかは薄っすら分かると思いますが、多くの人はハロウィンについてよくわからないと思います。(そういう僕もです笑)なので、ハロウィンについて少し調べてみました!

 

ハロウィンとはどのような行事なのか?
ハロウィンとはキリスト教のカトリック教の祭り事で、カトリック教の祝日でもあります。

10月31日の次の日(11月1日)はカトリック教では「諸聖人の日」です。「諸聖人の日」とは全ての聖人や殉教者をお祝いする日です。わかりやすく日本風に例えるとハロウィンは「お盆」や「彼岸」に相当するお祭りです。

 

ハロウィンの起源は??
古代のケルト人は1年の周期が10/31に終わる暦でした。つまり 10/31 が現代日本でい 12/31 すなわち、「大晦日」だったのです。
そして次の日 11/1 が現代日本でいう 1/1が新年の日、「元旦」にあたります。

10/31 の夜から 11/1 の朝にかけて収穫祭を行なっていました。その際、アイルランドやイギリスではかがり火を焚き、この火を各家庭の人々に与えられました。人びとは家のかまどなどに火を灯し、その火を魔除けとしました。

ちなみにこの 11/1 に行われるお祭りをサウィン祭と呼びます。

だから10/31 が現在でもハロウィンを行なうんですね

スポンサーリンク

 

またローマ人は 11/1 にリンゴをシンボルとしたポーモーナーという女神様をお祭りする祭りをしており、紀元前1世紀以降、ケルト地域にこの女神のお祭りをもたらしたとされて居ます。

ちなみにハロウィンのシンボルカラー、オレンジはこの女神ポーモーナーに由来とする説があります。

その後、ハロウィンは17世紀以降、イングランドでは廃れてしまいますが、スコットランドやアイルランドでは伝統的に継続されていきました。

 

その後のハロウィンの歴史
アメリカでは19世紀以降、スコットランドやアイルランドから移民が多数流入し、ハロウィンが本格的に定着化します。その後、徐々にアメリカ社会に受け入れられるようになります。
そして20世紀の初めには全米の人々に受け入れられるようになったのです。

そして1950年代に「トリック・オア・トリート」という合言葉がメディアなどにより広まり、普及していきます。
その後、世界各地にいるアメリカ人が増加するに伴い、アメリカ風のハロウィンが世界へ広まり日本へも伝わることになったのです。

 

現代ハロウィンを行っている地域
現在では主にニュージーランドやアメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏の国々でハロウィンが広まってます。特にアイルランドではハロウィンは一大行事として行われています。

ちなみにキリスト教の中でもカトリック教信者の多いイタリア、スペイン、フランスや中米諸国ではハロウィンに対する関心は薄く、あまりハロウィンは行われていません。(意外ですね)

 

まとめ


・ハロウィンはヨーロッパ(主にアイルランドなどのケルト地域)を起源としていた。
・その後、アメリカに伝わり、アメリカにおける商業効果などにより、アメリカから世界に広まった
・ハロウィンは欧米の地域のイメージがあるが、カトリック教などのその国々や地域の宗教によっては関心が薄い、又は無視されている場合がある


 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です