就活 で成績(GPA)は重視される??悪い場合の回答は??

就職活動をしていると、企業に提出する物がいくつかあります。
提出する物はエントリーシート、履歴書、健康診断書、卒業見込み証明書などがありますが、もちろん、「成績証明書」も提出します。

「と、言う事はGPA(成績)も見られるんじゃ‥」

という風に成績が決してよろしくない人にとっては心配な事ですよね。
今回はそんな就活とGPA(成績)についてお話します。

GPAとは??

「GPA」とは現代の大学生なら言わずと知れた成績評価の事です。「GPA」=「Grade Point Average」の英語の略で、成績評価の平均を算出する数値の事にあたります。
成績段階としては

 

秀 (優、AA、S)  = 90〜100点 = 4

優 (良、A)    =80〜89点 = 3

良 (可、B)    =70〜79点 = 2

可 (準可、C)   =60〜69点 = 1

不可(D or E)   =59点以下 =0

 

という風に評価され、成績が良いと成績評価が3〜4の間(例、3.8など)で評価されます。逆に成績が良くなければ1〜2の間で評価されます。(例 1.9など)

なぜ企業は成績証明書を提出するよう求めるのか??

理由は2つあります。

1つ目は企業がその人の人柄を見るため

選考を受けに来た学生について授業を真面目に受けてきたのか、優秀度、について学業面において判断するためです。

もちろんGPAだけでなく、履歴書、エントリーシートなどからその学生がその企業に合うか判断材料にしており、GPAはその判断材料の一つなのです。

2つめは卒業できるか確認するため

多くの場合成績証明書の他に卒業見込証明書も一緒に出しますが、その学生が果たして卒業できるのか確認するために見る事もあります。

せっかく採用した学生が卒業できなかったら、採用しても無駄ですよね?

実際に就職活動でGPAの悪さは響いたのか?成績は重視されたか??(実体験)

僕自身成績(GPA)は2とちょっとくらいだったのですが(低い…)、成績が悪いことに関しては、特に聞かれる事はありませんでした。
(もちろん成績証明書は何度も見られました)

 

だだ、一度だけ、成績の悪さについてツッコミが入ったのですが、「学業以外に力を入れていたことがあり、最低限卒業はできます!」と答え、その面接はパスできました。

 

成績の悪さで面接においてドキッ!!としたのはこのくらいでしたので、あまり僕個人としては成績は選考に影響しなかったと思っています。(受けていた業界、企業が偶然成績について聞いてこなかっただけかもしれませんが)

 

むしろ成績などを含め、学生時代、どんなことをどのようにして頑張ってきたか、など自分についてきちんと話せる力が大事です。(それができて、成績が良ければ、一層良い)

つまり、多くの場合は就活において成績の良し悪しはあまり重視されていません。

成績で心配なあなたも就活頑張りましょう!

GPAが悪い人はどのように就職活動に臨むか

GPAが低い人にとっては悩みの種でしょう。

しかしGPAの問題は3年の後期になってくると、どうこうなるも問題ではありません。

 

ですので、就活の前に自分が学生生活でどんなことに力を入れてきたのかなど、自己分析をきちんとし、自分に言葉で伝えられるようにしておくことが大切です。

また、GPAについて尋ねられた時の返し方も用意しておきましょう。

 

回答の仕方としては、

 

「学生時代、勉強はしていませんでした」

 

では印象が悪いので、

 

「他の(サークルや部活動、資格の取得など)活動に力をいれてきた為、結果的に成績が低くなってしまった」

 

など、人事担当者も聞いて納得できるような回答を用意しておきましょう。

また成績の事を聞かれても、逆にあなたが学生時代力を入れたことなどを話し、自分の話したい事に突っ込ませる事もできます。

 

もしあなたの成績があまり良くなく、面接で成績について聞かれたとしても、堂々と答えましょう。

採用担当者はあなたの成績を知りたいのではなく、あなた自身の人柄を知りたいのです。

まとめ

・成績は学生の人柄を見て、選考の判断材料にするため、見られる
・成績を確認する事で卒業できるかも確認される
・選考に大きく響くことはあまりないがなぜGPAや成績が低いのか納得できる回答は用意しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です