【就活】就活までに必ずやるべき4つの事 、就活の費用は??インターンは??

こんにちは、レモンです。

僕は就職今年、就職活動に取り組み、何とか終える事ができました。
大学生のあなた、1年生のあなたや2年生のあなたは就職活動はまだ先の事と思っているかもしれません、また3年生のあなたは就職活動を目前に控えて心配しているかもしれません。
就職活動の前に何をしておけば良いのか疑問ですよね。
では、何をしておけば良いのでしょうか。

その事について僕の経験を交えながらお話していきます。

①単位はちゃんと取っておこう


当たり前ですが、卒業できなければ、せっかく就活を頑張って取った内定も取り消されてしまいます。
そして現在の就活の時期は大学3年生の3月に解禁となっており、授業のある大学4年生の4月から夏休みにかけて就活のスケジュールがバッティングしてしまいます。
その為、大学4年生の前期はあまり授業に出る事ができません。

(僕の場合ですが、3月から就活が解禁され企業の説明会が始まったので、3月のスケジュールは毎日説明会が入りました。
そして4月に入っても説明会が毎日のように入り、選考も少しずつ入ってきたので、3月同様スケジュールは毎日入っていました。
5,6月もほとんどこのような状況が続いていたので、ほとんど学校の講義には出席していませんでした。)

その為、3年生までの間に必要な単位を全て取っておく事をお勧めします。
確かに、ある曜日だけ就活を入れないと決め、授業に出る事もできますが、自分の進路に関わってくるので単位をきちんと取り、スケジュールに自由があった方がいいと思います。
(僕も授業は取っていましたが、出席をとらない授業でした)

②何か自分の好きな事を一生懸命しておこう
就活では資格(簿記、TOEICなど、)を取っておくと有利に働きます。
なぜなら実務に直結すれば何より役に立ちますし、学生時代何をしてきたか目に見えてわかりやすいからです。
僕も資格を取ることお勧めしますが、(資格何かとったほうがよかったなー)
しかし、その他に学生時代何をしてきたか就活で分かるものがあれば資格同様に大きな武器になるのではないかと思います。


それは大学の学業や研究でも良いですし、サークルや部活動、アルバイト、趣味など、何か1つに打ち込めるものに一生懸命取り組む事が大切であると思います。
ES(エントリーシート)や面接の際、学生時代何をしてきたのかよく問われますので、それらの事は話すネタになります。
しかし、ここで注意しなければならないのが、
「じゃ、ゲームめっちゃ頑張ろ!」
とかにならないようにして下さいね。
あまり、ゲームやアイドルの追っかけなどは就活の場では言わない方が無難です。
例えばゲームが好きなら、プログラミングに関する勉強などと、少し方向性を変えたものにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

③インターンに参加してみよう


これは僕が今猛烈に悔やんでいる事です。
ちょうど今大学3年生の人は夏のインターンについて考えている時ではないかと思います。
行きたい業界、業種がないからインターンに参加しないは勿体ないです。

僕もそうだったのですが、何も分からないからと言って、知るチャンスを逃せば、知らないままになってしまいます。
是非、あなた自身の知見をよりひろげる為にもインターンに参加する事をお勧めします。

業界、業種はどこでも良いと思います。

聞いたことのある企業、業界、どこでも良いです。
働くという事をインターンでは学べます。
是非参加してみましょう。

④アルバイトで就活にかかる費用を貯めておこう。


意外と就職活動ってお金がかかります。少しシビアですね笑
必要なものをリストアップを大まかにリストアップすると、(自分が男なので男性バージョンです。女性の方も参考程度にはなると思います。*あくまで自分の場合です。)

1 リクルートスーツ
→リクルートスーツ1着の相場は2万円前後だと言われており、必ず1着は買うことになると思います。(僕も2万円少しで1着買いました)余裕を持ってスーツは2着あると良いと思います。

その為、スーツ1着で2万円かかりました。

2 Yシャツ
→Yシャツだと1着3000円弱〜5000円程度します。僕の場合3着買いましたので凡そ1万円程度かかりました。

3 革靴

→革靴も就活には必須アイテムです。実際に毎日就職活動で歩くと、革靴は履きつぶしてしまう為、二足あると便利です。一足は元々持っていたので新たに一足購入し、革靴に7000円程度出費しました。

4 ネクタイ
→ネクタイは2本ほど購入し、1本あたり3000円程度でしたので、その為、6000円かかりました。

5、鞄
→就活でよく見るぶら下げて持ち歩くあのカバンです。1つ6000円程度でしたので、就活用の鞄に6000円かかりました。

よって、スーツ、Yシャツなどの5点で

1 スーツ 20,000円
2 Yシャツ 10,000円
3 革靴 7,000円
4 ネクタイ 6,000円
5 鞄 6,000円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

計 49,000円

スーツなどで大体50,000円程度かかっています。その為、スーツなどには5万円用意しておけば足りるでしょう。

6 交通費
→意外と就職活動でデカイのはこいつです。アレヨアレヨと交通費がドンドンかさみます。

自宅からどの程度、交通費がかかるか人によって変わります。地方の就活生が都市部へ就職活動をする場合、更に費用はかかります。学校などへの定期がある場合は賢く利用すると良いでしょう。
例えば1日1000円交通費がかかるとし、週5回の就職活動を3月から7月かつまでの5ヶ月続けるというしましょう。

1ヶ月= 1,000円×5日(1週間)×4週=20,000円
5ヶ月間= 20,000円×5ヶ月間=100,000円

*この場合、通常6,7月は就活も佳境に入ってきたり、終わる事が多いので(売り手市場の場合)、-20,000円〜-30,000円 の幅はあるかもしれません。
ちなみに僕の場合は定かではありませんが、就活の交通費で6万円程度かかっています。(自宅が就活するには良い位置にあった為安く済んだ)
交通費以外にも、飲食費などの諸経費がかかります。

1〜6などのスーツや交通費を合計すると、大体15万円以上の就職活動の費用を準備しておく事が必要になってきます。
費用を両親に頼めない、などの人は予めアルバイトなどで貯めておきましょう。

今回は4つの事を挙げさせてもらいました。

悔いの無い大学生活を送りましょう。
参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。