「なんでテストなんか…涙」就活の選考で筆記試験を課す3つの理由

こんにちは、レモンです。

多くの人はすでに知っているかもしれませんが、高校入試や大学入試と同じ様に、

就職活動の採用試験でも実は「筆記試験」が多くの場合あります。

では、なぜ就職活動で「筆記試験」を学生に課すのでしょうか。

その理由は3つあります。

今回はそんな「筆記試験」がなぜ就職活動で行われるか3つの理由をお話しします!

スポンサーリンク

3つの理由

まず、筆記試験を行う3つの理由です。

①足切りの為②学力や適性に応じて業務に対応できるか見る為

③入社後の配属について参考資料とする為

次はこの3つの理由の根拠をお話していきます。

就活において筆記試験を課す3つの理由の根拠

①足切りの為

現在では学歴で企業が学生を切ることは表立ってする事はできません。

しかし、筆記試験というのは大学の偏差値により成績が比例します。

筆記試験での足切りのレベルを高くすれば、偏差値の高い大学生の方が必然的に筆記試験をパスしやすくなりますし、

当然、偏差値の高い大学生の方が筆記試験は点数は良い傾向が出ます。

学歴不問とかしている大企業でもこれは多く見かけられます。

大企業ですと、志望者も多いため、筆記試験で足切りをしてしまう方が採用は効率的になりますよね。

②学力や適性に応じて業務に対応できるか見る為

企業の業務においては専門知識が必要である事もありますが、

仕事上、きちんと書類の文章を把握し業務をこなす事、数値を的確に捉え、的確な解決策を導き出いていく事が必要になる業務が多くあります。

そのような場合、難しい書類を扱う企業では国語力がなければ仕事はできませんし、

数値やグラフを使って仕事をするのに、数字を扱うのが苦手では仕事ができませんよね。

海外で仕事をするのに英語がさっぱり分からないのでは仕事が務まらないのと同じ事で、

その企業で業務をこなしていく最低限の学力があるか見ている面も筆記試験にはあります。

③入社後の配属について参考資料とする為

筆記試験では学力と同時に適性を図る事が多くあり、

学力と受けた人自身の性格などからどのような業務に適性があるか、職種などの適性を決める際の資料にする事があります。

例えば、人とのコミニュケーションが得意であれば、営業、という風に配属の参考にされます。

スポンサーリンク

就活における筆記試験の重要度とは?

まず、就職活動における採用試験の基本ステップを確認しよう

就活における内定までの基本ステップです。

ナビサイトなどからエントリー
→ 会社説明会
→ エントリーシート提出(書類審査)
→ 筆記試験
→グループディスカッション *ない場合も多くあります。
→ 複数回の面接
→ 内定

このようなステップを内定まで踏んでいきます。(もちろん、グループディスカッションやES、筆記試験がない場合もあります。)

多くのステップの中で筆記試験はES(エントリーシート)と同じく初めの関門になります。

その為、次の面接などの選考に進む為にパスしなければならない重要なステップなのです。

しかし、筆記試験に関しては、大学の偏差値などに関係なく、きちんと対策をしていれば、ほとんど問題なくパスする事ができます。

ですので、筆記試験に対して、めちゃくちゃ心配する必要は全くありません。

筆記試験の対策は就職活動の3月までにきちんと行っておきましょう。

まとめ

筆記試験を就活で行う3つの意味

①偏差値や学力による足切りの為
②学力や適性がその企業の仕事に合うか確認する為の判断材料にする為
③入社後の配属について参考にする為

→それぞれには企業側が学生側の適性を確認する為に行っている!
→就活の筆記試験は決して難しくはなく、きちんと対策をしておけば過度に心配する必要はない

筆記試験、就活解禁までにきちんと取り組んで起きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。