【2018千葉】亥鼻公園の桜の開花状況は??ライトアップはある?

千葉県の中心部にある亥鼻公園(いのはなこうえん)

園内にはお城の形をした郷土資料館があるのが特徴的な公園です。

桜の時期には多くの人がお花見に訪れるお花見スポットでもあります。

今回は亥鼻公園の開花状況や桜についてお伝えします。

亥鼻公園の桜の開花状況や桜について

亥鼻公園の桜の見どころは約100本以上のソメイヨシノです。

例年の開花状況としては

3月下旬から4月上旬です!!

桜の開花時期には100本以上の桜たちが咲き乱れます。

また、お城(郷土資料館)の裏の「枝垂れ桜」もソメイヨシノとは違う美しさを見せてくれます。

出典:www.chibacity-ta.or.jp/sakura

ライトアップはある??

亥鼻公園では桜のライトアップが毎年行われています。

行なわれている期間は毎年3月下旬から4月初旬に行なわれる「千葉城さくら祭り」というイベントの期間です。

例年ではその「千葉城さくら祭り」の開催期間の18:00~21:00の時間帯にライトアップが行われています。

また開催期間中にはライトアップさだけでなく、大道芸のパフォーマンスや屋台などが出店し、さお花見をより楽しむ事ができます。

2018年の「千葉城さくら祭り」についてはこちらからどうぞ
千葉市観光協会HP

亥鼻公園の情報とアクセス、園内のお城は何??

亥鼻公園は鎌倉幕府を開いた源頼朝の重鎮、千葉常胤の父・常重が1126年に居館を構えた跡が発祥です。

古くから名所として千葉の人々に親しまれてきました。

1959年に現在の亥鼻公園の形になりました。

また、園内のお城(通称:千葉城)は1967年に千葉市立郷土博物館として鉄筋コンクリート構造で建設されました。

「一服しよう!!」園内の「茶店・いのはな亭】とは

亥鼻公園には茶店・集会所の「いのはな亭」があります。

出典:http://inohanatei.com/茶店-甘味処/

「いのはな亭」のお休み処では「名物 いのはな団子」や「抹茶セット」や「あんみつ」などがメニューがあり、「いのはな亭」の周囲の日本庭園を眺めながら楽しむ事ができ、風流です。

ちなみに「いのはな団子」は甘辛のみたらし団子と本物のヨモギを使ったあんこの団子が柔らかく、おいしいそうです。

HPはこちら→http://inohanatei.com/

亥鼻公園のアクセス・駐車場はある??

 住所  千葉市中央区亥鼻1-6-1
お問い合わせ  043-251-5103(中央・稲毛公園緑地事務所)

HP/http://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/chuo-inage/inohanap-top.html

 料金  無料
駐車場  なし(但し、近辺の有料駐車場あり)
公共交通機関利用の方がアクセスは良いかもしれません。
 アクセス  電車・バス
・JR千葉駅から「大学病院」行きまたは「南矢作」行きバス8分。
・千葉モノレール「県庁前駅」から徒歩7分

おわりに

さくら祭りの期間は多くの人でにぎわい、お花見にはもってこいな亥鼻公園。

夜桜やイベントなどを楽しみに一度、足を運んでみては如何でしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です