就活がツラ過ぎて辞めたい大学生にオススメな5つのステップとは!?

突然ですが、就活って辛過ぎません??

毎日スーツを着なければいけないし、何度も説明会や面接に足を運んでがなばっているのに内定はもらえないし。

「あ…今日も面接上手くいかなかった…」なんて思う事は日常茶飯事で就活をやめたくなる時もあると思います。

今回はそんな就活を今にもやめたいくらい疲れているあなたに向けた記事です。

そんな時に就活を乗り越えられる5つのステップをお伝えします。

僕はこの5つのステップを実践して4社内定をもらい、就活を終わらせる事ができました。是非参考にして下さい!!

あなたの就活が辛すぎる5つの理由

①膨大な書類の量

あなたが就活に取り組んでいると、とたくさんのES(エントリーシート)や履歴書などを書きますよね。

受ける企業ごとに「自己PR」や「学生時代頑張ったこと」など、頭を抱えながら、2時間や3時間かけて書き、提出するのもうんざりしていませんか?

しかもそのほとんどの企業が結局不採用なんだから、割に合いませよね。

そんな事をしていると段々に就活をやめたくなります。

 

僕も膨大なESや履歴書で夜は1時や2時まで起きていまし、何社分書いたかは今では定かではありません…

何度か心が折れたことか…

②毎日の様に無機質なスーツに身を包み、足を運ぶ説明会

就活を始めると何の特徴もないリクルートスーツに身を包み、1日に何社も説明会や面接に足を運びますよね。

慣れないスーツはなんだか窮屈だし、革靴はなんだか少し歩き辛いし、毎日が疲れてしまいます。

しまいには土日を使い説明会をする企業まで出てくるし…

③とにかく盛りまくる面接合戦

僕が就活で1番嫌だったのが、「面接」です。

選考に通る為に話を盛ったり、話を素直に話せば、面接が通らなかったり、中々、慣れないのが面接です。

また、今までの試験と違い、「合格」の基準が点数ではなく、面接官や企業の基準な為、なにが悪いのか、分かりづらく、頭を抱えてしまいますよね。

④あれだけ説明会や面接にいっても簡単に不採用のお祈りメール

たくさんの書類や説明会、面接を頑張っても、不採用だと、スマホに1通の「お祈りメール」だけで済まされる。それも定型文で一斉送信。

「お祈りメール」が来るだけなら、まだ良くて、「お祈りメール」も来ない「サイレントお祈り」は最高に心が折れます。

僕もお祈りメールが来るたびに心が折れまし、サイレントお祈りは踏ん切りがつきにくいのでやめてほしいですよね。

⑤自分が何をしたいのかよくわからないのに就活

そもそも就活をしていて、「何故就活をしているのか??」と問われても、「単に就職して食お金を稼がなければならないから」と言う話であって、自分にまだやりたい事がなくても、就活をしているという大学生がほとんどです。

もしかしたら、あなたもそんな一人かもしれません。

あなたもやりたい事もなく、ただ漠然と就活をしていると言う無意味さに嫌気がさしてはきてはいませんか?

 

僕も自己分析ができておらず、この点については凄く悩みました。

でも冷静に考えると、就活辞めたらヤバくない??

今まで上げたように就活は嫌な事やストレスの溜まる事が多く、憂鬱な気分になるものです。

でも、あなたが今、就活をせず、定職に就かなければ、ニートか不安定な非正規雇用で明るいとは言えない未来が待っています。

 

「就活を今すぐやめてニートかフリーター、それでも良いですか??」

と聞かれても、

 

「構いません。」

とは言えませんよね。

 

そんな事分かっているけど、心が疲れているからそう思ってしまう、ジレンマもある就活だからこそ、就活を止めたくなる程、鬱になります。

そんな時に心を救ってあげる5つのステップ

①まずは、就活を忘れてリフレッシュ

就活に嫌気がさして辞めたいと持っている時はあなたの心が疲れ切っている証拠です。

そんな時は1日くらい就活をきっぱりやめて、リフレッシュしましょう。

僕も就活が嫌になった時はよく就活をやめて遊んだり趣味の時間に充ていました。

切り替えにもなるので効果的です。

②就活が今までの試験やテストとは違うものだと割り切る

リフレッシュできたら、就活が今までの試験やテストとは違う事を割り切りましょう。

 

就活は偏差値が高い人や点数が取れる人が上手くいくわけではありません。

様々な要素からあなたに合った企業を選ぶものなので、別に競争している訳でもありません。

また、不採用だったから言って、決してあなたが人より劣っている訳ではありませんし、面接なんて、所詮、面接官の主観で選ばれるので、大した意味はないのです。

深く考えずに「就活なんてこんなものなのだ」と割り切ってしまいましょう。

 

僕も最初の頃はこのように割り切る事ができずにイライラしたり、焦ったりしましたが、割り切る事で気持ちに余裕も生まれてくるので、効果的です。

僕もこのように捉えられるようになってからストレスが減り、以前より楽に就活ができるようになりました。

③なぜ就活が上手くいっていないか冷静に分析

割り切る事ができたあなたは少し心が楽になったはず。

ここまで来たら、何故あなたの就活が上手くいかないのか、冷静に分析してみましょう。

家族や友人に相談したりして分析ができたら、おのずと改善策も分かってくるはずです。

 

もちろんあなたの就活にもなにか上手くいかない原因があるはず。

僕の場合は「2次面接で深い点に対する質問に答えられない」事が原因で上手くいっていない事が分かったため、2次面接対策に力を入れる事で就活が良い方向に向くようになりました。

ですから、一度、冷静に状況を自分自身や周囲の人と考えて、対策をしてみましょう。

④改善策を素直に取りに入れて、再び就活へ

改善策まで見つける事ができたら、余計なプライドは捨ててしまって、改善策を素直に受け入れ、就活を再スタートです!

改善策をきちんと実行しているなら、以前に比べて就活も少なからず、良い方向に向いているはずです!

焦らず、就活に挑みましょう!

 

意外と自分の余計なプライドから就活の行動範囲が狭くなったりして就活が上手くいってない事もあるので、改善策は素直に受け入れ、活かしましょう!(僕も経験済)

例えば、僕の場合「大企業中心の就活」で中小企業を受けていない、という事がこの事にあったていました。ですから、その後からは幅広い規模の企業を受けるようにして、内定までたどり着く事ができました。

⑤それでも上手くいかず、就活がやめたくいなったら、①に戻る

①~④まで行って、再び就活を止めたくなる程、疲れたら、また①に戻ってしまいましょう。

ゆっくりでも良いので、焦らず、あなたの納得のいく就活ができる事が大切ですし、僕もこのループで就活を乗り切ったので、オススメです!

僕もなんだかんだ、6月の中頃までこのループを3回くらいしていたので焦る事はありませんよ!

まとめ

就活に疲れてやめたい、と思う時は今回紹介した事を是非試してみて下さいね。

周囲などの進捗も耳にする事があると思いますが、焦らずマイペースで就活を乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です