【就活】合同説明会に行かない!!のも良いと思う3つの理由

こんにちは、レモンです。

あなたは就職活動中の合同企業説明会について知っていますか?

大学3年生の夏休みや就職活動解禁の3月、もしくは解禁前などはビッ○サイトや様々な会場でマ○ナビやリ○ナビなどの合同説明会が開かれていると思います。

今回はこの合同説明会に行かなくてもよいと考えるお話をします。

合同説明会とは

合同企業説明会とは、様々な企業が何十社と一つの会場に集まり、そこで各企業が学生に向け会社説明会を行なったりするイベントの事です。企業と学生の接点になる一つのイベントです。

よくニュースなんかで取り上げられてますよね。

たくさんのスーツに身を包んだ就活生で溢れかえり、30分程度の企業説明を聞いたりするあのイベントです。

僕も何度か合同説明会に足を運びました。

ものすごい数の就活生がいましたし、名の知れた企業から知らない企業までたくさんの企業がブースを出していました。

しかし、ぶっちゃけ合同説明会なんて行かなくて良かったなーと思っています。恐らく僕の就活の中で最も不要な時間だった思います。

 

理由は3つあります。

合同説明会に行かなくても良い理由①

人が多すぎて疲れる

実際に行ってみると分かるのですが、人がゴミのようにいます。

参加者が具体的にどれ程かは知りませんが、人でごった返しており、朝のラッシュか!!ってくらい就活生がいます。

ブースからブースへ移動しようにも人がたくさんおり、人混みの中を移動するのは大変です。

また、人気企業だと、ブースのスペースにも企業ごとに限りがあるので、せっかく説明を聞こうにも結局座れず、立って話を聞くか、次の時間まで待つかのパターンになります。

合同説明会の滞在時間は個人個人で決められますが、僕個人としては3,4社回るだけで結構疲れました。人混みが苦手、という人には更にきついかもしれません。

合同説明会に行かなくても良い理由②

30分の企業説明は短すぎる、そして後日会社説明会に行く羽目になる

 

合同説明会の企業説明は大体一回あたり30分程度です。その為、合同説明会で企業説明を聞いたとしてもパンフレットを渡されてその企業の概要についてくらいしか分かりません。

そして企業側も30分の説明では不十分だと考えるので詳しい企業説明は後日、その企業の個別の会社説明会で聞くことになります。

つまり、合同説明会では軽く会社について説明されるだけで詳しく知りたい場合は後日また個別の会社説明会へ参加しなければならないのです。
これでは二度手間で、最初から個別の会社説明会に行った方が、時間と交通費の節約になります。

合同説明会に行かなくても良い理由③

興味のない企業からの勧誘がうっとおしい

合同説明会に行くと、各ブースから大体、声をかけられます。居酒屋のキャッチかよ!って感じです。僕はキャッチが鬱陶しく感じて面倒だなと思う人間なので、割とストレスに感じました。


企業の人も仕事なので当然の事だと思うのですが、人が多い上にキャッチがあるので静かなところが好き人や人見知りの人にはストレスに感じるかもしれません。

 

以上3つの点から僕は別に合同説明会なんて行かなくて良いんじゃないかな?と思います。

「じゃ、逆にメリットはなかったのか??」となるので僕が感じたメリットについて2点お話します。

逆に合同説明会のメリット

合同説明会のメリット①

企業選びのきっかけになった

やはり合同説明会があった就活解禁前、直後だった為、企業に関する知識がなかった為、企業の話を聞くだけでもどんな業種や職種があるのか知るきっかけになったと思います。

またその中で興味のある業界が見つかれば、その業界や企業を受けるきっかけになるでしょう。

合同説明会のメリット②

なんだかんだ会社案内くらいは手に入る

時間がなかったりして回りたかったブースの企業が回れなくても資料だけが出入り口においてある、という事が多くあるので、時間がなくても自分の興味のある企業の会社案内などの資料は多く集められました。

「実際に行ってみると意外と回れなかった」とか心が折れる事があるので会社案内がもらえる事は助かります。

合同説明会のメリット③

特典がもらえた

合同説明会によりますが、大規模のものだと、主催企業から栄養ドリンクやお菓子など何かしらの特典がもらえることもあります。

行ってみると少しお得な感じはしますね笑

まとめ

以上、合同説明会に行かなくて良かった理由と行って良かった点でしたが、
行くも行かないもあなた次第、悔いのない就職活動が出来れば良いと思います。

頑張って下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です