【就活】クレジットカード業界ってどんな業界??将来性は??

こんにちは、レモンです。

社会人なら誰が一枚は持っているクレジットカード。非常に便利なものです。
現金がなくてもカードで物が買えるってとても魅力的です。

でもカード会社って何をしているかよくわかりませんよね??

今回はそんなクレジットカード業界についてお話ししたいと思います。


クレジットカードのビジネスモデルとは

あなたがお店で買い物をする時、カードで買い物をしたとしましょう。クレジットカード会社はあなたが買い物をしたお店(クレジットカード会社の加盟店)から手数料を得る事で収益としています。

クレジットカード会社の仕事内容

仕事内容としてはカード会社ならではのカードの審査の審査や、クレジットカードの加盟店を増やす新規開拓の業務、クレジットカードを使っている顧客に対するサポートの業務、一般企業と同じような管理業務があります。

*会社によって異なる場合もあるので要確認

カード業界の種類

カード会社には幾つかの種類があります。

①銀行系
大手銀行などの資本なら銀行の子会社として業務を行なっているクレジットカード会社です。親会社の会社の資金はもちろん豊富ですし、銀行の経験やノウハウが活かせられています。

②信販系
信販系のクレジットカード会社はクレジットカードを専門としており、クレジットカードを通し、販売信用を行う信販会社でもあります。

③独立系
独立系のクレジットカード会社はカード事業の他に流通やメーカー以外を本業としている会社がカードを発行し、クレジットカード事業を本業と併行している会社がグループ会社を指します。

④流通系
流通系のクレジットカード会社とは小売会社(スーパーなど)などがカードを発行しているものです。よくスーパーなどでクレジットカードを申し込む事ができますよね。そのようなカード会社が流通系にあたります。

カード業界の将来性

カード業界の将来性てしては、インターネットが普及し、ネットショッピングが発達してきています。

その為、買い物をした際もカードで決済を行う機会が増えてきており、今後も増えて行く事が予想されるので、カード業界の将来性は悪くないでしょう。また国内のカード決済の比率は海外と比べると未だに低い水準であり、今後も国内市場の拡大が見込まれます。

まとめ

以上が就活におけるクレジットカード会社に関する事でした。就活においてクレジットカード会社を受ける際は会社説明会で企業の強みや色を見つけ、志望動機などに結びつけると良いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です