節分はなぜ豆まきをする??由来は??

こんにちは、レモンです。

節分と言えば、豆まきですよね。家族でわいわい楽しく豆まきしたりしますよね。鬼に向け豆を投げて厄払いをする「節分」。

今回はそんな節分の豆まきについてお話したいと思います。

そもそも節分とは??

節分の意味

日本では季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日の事を「節分」と言います。

昔は季節の変わり目のその「節分」の時に悪霊を追い払う為の行事が行われていたほうです。

つまり、四季の変わり目で「季節を分ける」
という意味から「節分」になるのですね。

なぜ冬だけ「節分」??

私たちが毎年行っている「節分」は立春の日の前日にあたります。

そして暦が旧暦であった頃は、「立春」の日を新年の始まり=「元旦」としていました。よく年賀状で「立春」なんて書くのはその名残なんて言われますよね。

そうなると、「立春(元旦)」の前日「節分」は「大晦日」になりますよね。

「大晦日」は現代も日本だと大切にされている日です。
それは昔の人ももちろん同じでした。つまり、昔の人は「立春」の日の前日の「節分」を大晦日として大切にしていたのです。

その為、現代も節分は冬に行われるのです。

節分の起源は??

日本に暦を伝えた中国でも「立春」の前日の「節分」を大晦日にし、大切にする事は同じで、昔の中国では邪気払いの儀式(追儺 読みは「ついな」)を当時の大晦日にあたる「立春」の日の前日「節分」に行っていました。

そして中国からその儀式(追儺)が日本へ伝わり、平安時代には日本の天皇などが行う宮廷の年中行事の1つになったのです。

これが節分の起源とされています。

なぜ豆まきをするようになったのか??

節分の際の豆まきの起源ですが、いくつか説があるそうです。

豆まきの由来

・古来より人々は豆には「魔除けの力」があると信仰していたり、語呂で「豆=魔目(まめ)」と合わせて鬼に豆をぶつけて邪気を追い払うという意味から豆をまくという説。

・平安時代に宇多天皇が山から鬼が出てきて悪さをするので、炒った大豆を鬼の目にぶつけ、鬼を追い払った事から豆をまく説

他にも説はあるようですが、豆をまくのはこんな理由からだそう。

豆まきの豆は炒り豆でなければならない??

豆まきの豆は炒り豆でなくてはなりません。

その理由は
・炒り豆でないと豆をまいた後、芽が出てしまって縁起がよろしくないから。(豆が厄払いをするので厄払いをした豆から芽が出て生えてこれば都合が悪い)

・「炒る」=「射る」という語呂から、鬼や厄払いの意味あいがあるから。

・穀物の中でも豆は獲れる量が多く、音なども適切だったから

ちなみに豆まきの最初の頃は豆を自分の前方でなく、後方にまいていたり、他の米や小麦などの穀物も使っていたそうです。

豆まきの順番

①大豆を買ってくる

②買ってきた大豆を増すに入れて神棚にお供え

③室内は奥の部屋から!「鬼門」と呼ばれる方向から巻きましょう!!この時は「鬼は外!!」と言い厄払いをします。

④窓を閉めて豆をまきます。この時は「福は内!!」と言います。

⑤最後に玄関を開けて、豆をまきましょう。この時は「鬼は外!!」と言い厄払いをします。

豆を盛大にまいたら??

まいた豆はせっかくですので、食べれそうであれば、食べてしまいましょう。

その時、食べる豆の数ですが、年の数の豆を食べるのが習わしです。

「豆=福」と捉え、豆を年の数食べる事で健康を祈願するのです。

*とは言いつつも、年の数以上、子供たちとか普通に食べてしまいそうな気が‥

まとめ

・「節分」とはもともと四季の変わり目を意味する言葉であった
・「節分」の日は昔は大晦日にあたり、新年の前の厄払いの儀式が行われていた
・豆は炒り豆を使いましょう!
・食べるのは年の数だけ!!(でも食べ過ぎてしまう??笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です