【実例あり】バースプランの書き方紹介します

産院からバースプランの提出を求められたけど「何を書けばいいのか分からない…」と困っていませんか?

バースプランは自由度が高い分、どう書き始めればいいか迷う方は多いと思います。

この記事でできること

① バースプランとは何か知る
まずは「いつ」「どのように」使用するのか知りましょう

②バースプランの書き方を知る
「簡単サクッとパターン」「丁寧じっくりパータン」どちらもご紹介していますので、スケジュールに合わせて選択しましょう

③パースプランの実例を参考にする
「コロナ禍出産」の私の実例と、「希望通りになったのか」の振り返りも一緒に確認しましょう

初産の方でも、自分だけのバースプランを作成することができます!

それでは行ってみましょう!

バースプランって何?いつ聞かれる?どう伝える?

バースプランとは、「お産」「入院中」の計画を考え、自分の希望をまとめたものです。

提出方法については、

  • (時期)妊娠後期~出産前までに
  • (記載方法)産院所定の用紙に記入し
  • (提出方法)妊婦検診や助産師さんとの面談時に提出

という形が多いようです。

産院によってはバースプランについて話し合う機会を設けていない場合もあります。
しかし、大事なのは

自分の計画を考え、希望をあらかじめ産院に伝えておく

ことなので、産院から説明が無い場合もバースプランを作り産院に相談してみましょう。

バースプランの書き方

では、実際にどのように作成すればいいのでしょうか?

特に初産の方は、「自分の計画」「自分の希望」と言われてもそもそも内容すらイメージできないですよね。
ここでは、バースプランの書き方を2つ紹介します。

①【とにかくサクッと済ませる派】他の人のバースプランを真似する

私は産休に入る前にバースプランの提出期限があり、ゆっくり考える時間がなくこの手法で作成しました。初めてで知識0だった割には過不足なく書けたように感じています。

このように他の人のバースプランを参考にすることで、自分の希望に変えたバースプランを作成することができます。

②【+α時間をかけて丁寧に】出産や入院生活をしっかりイメージしたうえで検討する

バースプランはあくまで「自分」の希望なので、他の人の内容を参考にしただけでは足りない可能性もあります。

一例として、私の体験談も記事にしていますので参考にしてみてください。

※「無痛分娩出産」の体験レポート▼

【麻酔が間に合わなかった!?】無痛分娩出産レポート
この記事では、「コロナ禍」での「無痛分娩」の出産記録を公開しています。一般的なお産の進み方もご紹介しているので、出産をリアルにイメージし、心構えをすることができます。

※「母子同室入院」の体験レポート▼

【寝不足でつらかった】母子同室レポート~良かったこと後悔したことお伝えします~
この記事では、「母子同室」の出産入院生活の記録を公開しています。「その時の気持ち」や「体の状態の変化」などもあわせて細かくご紹介しているので、初産の方でも入院生活をイメージすることができます。

【バースプランの実例】私が実際に提出したものを公開します

ここでは、私が実際に提出したバースプランを公開します。

バースプラン

私の産院では32週(9か月)に助産師さんとの面談があり、そこで提出、相談の機会がありました。

立ち合い分娩を希望されますか?

はい

出産への思いを教えてください
  • 赤ちゃんが産まれてくるのが心から楽しみです
  • 初めての出産、両親にとっても初孫なので、夫や家族と一緒に赤ちゃんの誕生を分かち合いたい気持ちが強くあります。コロナで難しい中ですがご相談したいです
  • 痛みに弱いと思っているため、出産時や産後の痛み、体の変化に対して不安があります
お産中の過ごし方について希望があれば教えてください
  • 立ち合い出産を希望、無理でも可能な限り夫と一緒にギリギリまでいたい。方法はないか?ダメな場合、陣痛中夫とビデオ通話したい
  • 目が悪いのでコンタクトをしたまま出産したい
  • 初めてなのでいきみ方や呼吸法などを優しくリードしてほしい
  • 産まれたばかりの赤ちゃんと写真を撮りたい
  • 産まれる瞬間を動画でとるor産声を録音したい
  • カンガルーケアをしたい
  • 自分の胎盤を見たい
  • 会陰切開はなるべく回避したいが、裂けるまに切開してほしい
  • 吸引分娩や鉗子分娩はできれば避けたい
産後の過ごし方について希望があれば教えてください
  • 夫や家族に面会に来てほしい
  • 母子同室を希望するが、大変な時は赤ちゃんを預かってほしい
  • 沐浴の方法を教えてほしい
  • 骨盤のケアについて教えてほしい
  • 退院後のお世話に不安がない状態にしておきたい
授乳についてどのようなご希望をお持ちですか?
  • 混合希望
  • 授乳方法を教えてほしい
  • おっぱいのケアについて教えてほしい
枠外

いつも優しく対応いただき、ありがとうございます。分からないことが多く、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

【希望通りになった?】バースプランの振り返り

上記のバースプランに書いた希望は、実際にどこまで実現したのでしょうか?

(バースプランの書き方のみ知りたい方はここは飛ばして進んでください

立ち合い分娩を希望されますか?  はい

× コロナで不可。相談時点でNGでした 。

・お産中の過ごし方について

立ち合い出産を希望、無理でも可能な限り夫と一緒にギリギリまでいたい。方法はないか?
ダメな場合、陣痛中夫とビデオ通話したい

 お産があっという間だったため、ビデオ通話の時間すらありませんでした。

しかし、本来なら入院後は家族との接触NGのところ、「急に決まったから特別よ。直接お別れてしてきな。」と入院バッグの受け渡しを主人と直接やり取りすることを許可してくれました。

目が悪いのでコンタクトをしたまま出産したい

 長時間になったり、緊急で帝王切開になる場合は外すことになると事前に説明されました。

初めてなのでいきみ方や呼吸法など優しくリードしてほしい

 呼吸の指示を優しく適切にしてくれました。

産まれたばかりの赤ちゃんと写真を撮りたい

 写真や動画をたくさん撮ってくださり、宝物になっています。

産まれる瞬間を動画でとるor産声を録音したい

 助産師1人がずっとカメラを構えて誕生の瞬間を撮るのは難しいと相談時点でNGでした。(相談しておいてなんですが、そりゃそうだ、と思いました)

しかし、当日産まれた瞬間ではないですが、ひと段落してから赤ちゃんの泣き声を動画でとってくださいました。これも宝物になっています。

カンガルーケアをしたい

 出産後、分娩台での待機時間中に対応してくれ、動画と写真もとってくださいました 。

自分の胎盤をみたい

 わざわざ台に乗せて見せてくれました。自分で希望したくせにギョッとしてしまいました…

会陰切開はなるだけ回避したいが裂ける前に切開してほしい

× 裂けてしまいました…相談時点で、母子の安全を最重要視した対応を行うため約束はできないと説明されていました。

吸引分娩や鉗子分娩はできれば避けたい

〇 たまたま処置は不要でしたが、相談時点で、お産の進み方次第なので、母子の安全を最重要視した対応をしますと言われていました。

・産後の過ごし方について

夫や家族に面会に来てほしい

× コロナで不可。相談時点でNGでした。

母子同室を希望するが、大変な時は赤ちゃんを預かってほしい

 嫌な顔せず対応してくださいました。相談時に改めて産院のスタンスの確認をできたのが良かったです。

・沐浴の方法を教えてほしい
・骨盤のケアについて教えてほしい
・退院後のお世話に不安が少ない状態にしておきたい

 入院中に助産師さんから丁寧に指導があり、細かい質問にもすべて対応していただきました。

・授乳について

混合希望

  まずは母乳の分泌量を増やすため、母乳優先の指導がされました。(母乳がたくさん出るようになったので、結果的には良かったです)

・授乳方法を教えてほしい
・おっぱいのケアについて教えてほしい

 入院中に助産師さんから丁寧に指導がありました 。

当然だけど、希望通りになること、ならないことがあるのね

【提出して終わりではない】バースプランは実現可否を産院に相談を

バースプランができても、すべてが自分の希望通りになるわけではありません。産院の体制や出産時の状況などによって不可能なこともあります。

よって、バースプランを提出後、

「どこまでなら実現できるか」産院に相談し、一緒に検討することが最も大切です。

自分の希望を知ってもらえる良い機会ですし、

○○は難しいけど、△△はどう?

とプロから提案してもらえることもあるかもしれません。

産院のスタンスを確認できるいい機会にもなりますので、「相談ありきでとにかく自分の希望を書いてみる」ことが大切です。

最後に

今回はバースプランの書き方についてご紹介しました。

出産や入院は予定通りにはいかないものですが、赤ちゃんとの最初の思い出になります。

皆さんの大切な思い出が少しでも希望に近いものになるように願っています。

※この時期知りたい!産休中の過ごし方ついて、以下の記事で「TODOリスト」や「暇つぶし方法」をご紹介しています▼

【TODOリストあり】産休中やるべきこと・暇つぶし方法ご紹介します
この記事では、意外と短い「産休~出産までの期間」を有意義に過ごせるよう、「やるべきことのTODOリスト」「暇つぶしのアイディア」をご紹介しています。
プロフィール
レモン

こんにちは。レモンと申します。
30代0歳児のママです。
現在育休中で2022年の4月から職場復帰予定です。
初めての妊娠、出産、育児に大苦戦し「こんなに大変なら誰か教えといてよ!」と思ったことをきっかけに、ブログを始めました。
自分が困ったことや学んだことを発信していきます。
毎日頑張るママパパのためになりますように。よろしくお願いします。

レモンをフォローする
妊娠・出産
レモンをフォローする
レモンぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました